ヘンテコ社会ニュース > 体と健康 > がんになりにくい体つくり

がんになりにくい体つくり

今は、日本中が健康ブームになっていますね。

少しでも体に役立つと言われるとそれはすぐに、サプリメントの形を取りいろんなメーカーから通販で発
売されます。中でも、がんになりにくい体を作るとされるとなおさらです。

その中のひとつが、昆布やワカメ、もずくなどの褐藻類のネバネバに多くふむまれるフコイダンです。1996年の日本癌学会でがんを抑える作用が報告されてから健康食品として注目を浴びるようになった
物のひとつです。私は、アガリスクの名前はよく聞いたり新聞で見ていました。

宣伝の文句に、人間の体内には、毎日がん細胞が何個か作られていてそれを、体内の免疫機構で排
除していくという事を聞いて不思議な思いを抱きました。そもそも、細胞がなぜ自ら命を絶つようなアポ
トーシスといわれるシステムになっているかも非常に興味深いことです。

まさに、生き物は始めから完全体として誕生するという言葉を信じられそうです。

最近では、株式会社アミノアップ化学から ahcc(エー・エイチ・シー・シー)という名前の機能食品とし
てアポトーシスの機能を促進する商品も出ていますね。

そんな記事が新聞に乗っていると、すかさずチェックするのは、健康に気遣う年齢になったのでしょうね。