ヘンテコ社会ニュース > TVウォッチング > 百獣の王ライオンというけれど・・・

百獣の王ライオンというけれど・・・

獅子はわが子を千尋の谷に落として、這い上がってきた者を跡継ぎとするという話を聞いて
百獣のライオンの影像が浮かんでくる人は、巨人の星を見たことがある人だろう。

ライオンは、そんな厳しい世界を生きているのかとイメージして、その中で育った雄ライオン
の威厳はたいしたものだと思ったものだろう。

私も、アニメ巨人の星を見て育った世代だから、
雄ライオンは、ハーレムを作ってそこに君臨するサバンナの王者というイメージを持っていた。

しかし、テレビで海外の研究者が長期間ライオンの観察をしている内容の放送があって、
それを見てイメージと実際のあまりにも大きなギャップに驚いてしまった。

まず、狩をするのはメスライオンの役目で、オスはまったく参加しない。それどころか、
獲物を取ること自体がへたくそであるということ。要するに、ほとんど成功しない。

メスがしとめたら、追い払って真っ先に腹いっぱいまで食べる。残り物を、メスと子供が
食べる。

雄ライオンのすることは、

ほかのはぐれライオンを追い払いハーレムを維持する事

自分の子供を生ませる事

要するに、メスに働かせて自分は、ハーレムを維持することだ。

ハーレムに、オスの子供が生まれると、2歳ごろになったら追い出してしまう。
ライオンの世界は、一頭のオスと複数のメスが群れ(ハーレム)を作るわけですね。

獲物の取れないオスに、なぜ、メスは従うのか疑問に思わないですか?
生活力のあるメスだけでも暮らしていけるわけですよ。子供を作るときだけオスを呼び寄
せ出来たら分かれたらいいのですからね。なんか、昔映画であったアマゾネスをおもいだ
すなぁ。

そのなぞの答えは、後半の影像にありました。

通常はぐれライオンになったオスは、兄弟で行動するそうで、狩の下手な為に絶えず飢え
て旅をしているそうです。そして成長すると、であった群れのボスライオンに王座を掛け
て挑むそうです。このとき、交代することもあるし、敗れて放浪を続ける事もあるそうで
すが。

はぐれライオンが勝って、ボスの座が入れ替わることがあると必ず前のボスライオンの子
供を殺すのだって。理由は、小さな子供を育てているとメスライオンに発情期が来ないか
ら自分の子供を作れないからだそうです。

オスは、メスと比べて獲物を取るのは下手でもライオン同士だと圧倒的に強いそうです。
その結果、子供を守るためには、はぐれライオンを追い払う力のある、強いボスとなるオ
スが必要になるわけです。

そして、群れのボスは一頭だけだと思っていたけど、実際は、兄弟でなっている場合が多
いそうです。はぐれライオンは、兄弟で行動するので、群れのボスも兄弟でないとすぐ負
けてしまからです。

この放送を見て、ライオンに関するイメージが大きく変わってしまいました。