ヘンテコ社会ニュース > 社会ニュース > 未来の交通事故防止システム 実験

未来の交通事故防止システム 実験

日産自動車が、「携帯電話協調歩行者事故低減システム」というのを市民参加で大規模な
実証実験をするようです。

車と歩行者が持っているGPS対応機種の位置情報と車のプローブ情報(走行情報)を
パケット通信で収集し進行方向の前に歩行者がいて、注意喚起が必要と判断されると、
ドライバーに音声とナビ画面で歩行者の存在が伝えられる。

今回の実験は、11月1日~12月27日にかけて、神奈川県厚木市の鳶尾、みはる野、
まつかげ台地区において、周辺に住む市民から歩行者モニター500人、運転者モニター
200人が参加して行われます。

モニターには実験用携帯電話および車両が貸与され、普段通りに歩行および走行してもらう。

NTTドコモが技術協力している。

前年度の、2007年の実験では、ドライバーの危険予知に効果があったようです。
見通しの悪い交差点が多い住宅地などで安全運転支援の効果が期待で来そうですね。