バイクは友達 > バイク雑記1

バイクは半自立マシン

バイクの安定性と操縦性について バイクはある程度のスピードが出てると、自立して直進するし、 バンクしていたら旋回していきます。 これは、レース中にハイサイド状態になってライダーが放り出されたバイクが 転倒せずに走行しているシーンに見られます。 バイクは、安定性があって自分で直進やコーナリングが出来ちゃうということです。 そこで、安定性と操縦性がどうかという言...
続きを読む

バイクのイメージは?

あなたにとっての、バイクのイメージはどんなかんじですか? すばらしい? それとも危険な道具ですか。 世の中には、2種類の人間がいてますよね。 4輪しか乗っていない人と、バイクにも乗っている人。 公道を走っていると、明らかに走り方が違います。 自動車と並んで信号待ちしていると、明らかに加速力が違うのにズルズルと前に出てくる ドライバーがいてます。 このパターン...
続きを読む

レースのテクニック ハングオンについて

レースのテクニック ハングオンについて ハングオフ(hang-off)と英語で呼ばれているテクニックは、アイ スレースからロードレースにやってきた、ヤーノサーリネンがロー ドレースに使うことからその歴史は始まっているとされています。 アイスレースは、氷上のトラックを周回するレースです。 コーナリング中の、バイクと氷面の隙間はほとんど無く、そのバン ク角は、ほ...
続きを読む

走行中の交差点で目前の事故を目撃

20m先を走行中のバイクと車が交差点で接触するのを目撃。 バイクが、自動車の左後方を走っていて交差点で左折に巻き込まれ ていくのを真後ろで目撃しました。 交差点に差し掛かって、車が少しだけスピードを緩めて走行してい ました。そこで、バイクのライダーは車の左側を抜いていこうとし たようです。 ちょうど交差点に差し掛かったあたりで車は左に曲ろうとしました。 その...
続きを読む

バイクであった 信じられへんわ〜 の話

ガソリンと軽油を間違えて入れられた。 世の中には信じられないことがある。 知り合い、にスタンドで原付のスクーターに軽油を入れられた子がいる。 いつものように、ガソリンスタンドへ行き燃料を入れて帰ったのですが 途中で、エンジンが止まってしまい動かなくなったそうでした。 ガソリンエンジンに軽油を入れたときは、エンジンが止まってしまう。 軽油の性質では、シリンダー...
続きを読む

コーナリングは、スローイン

コーナリングを考える 最近、サベージを乗っていてコーナリングするときに感じることは、 やっぱりバイクは、乗っていて楽しい。 バイクという乗り物は、まっすぐ走っているときも自分という存在が バイクをコントロールしていることをつくづく感じる。 4輪の場合は、ハンドルを操作しない限り進路が変わることは無い乗 物だけど、バイクの場合は、何かに見とれて意識がそちらに向...
続きを読む

サベージのキャブオーバーホール

7年の時間は、サベージのキャブに変化をもたらし、キャブレターの オーバーホールが必要な状態になっていた。 今回は、少しでも早く乗れる状態にして走行したかったから、必要以 外はいじらないつもりで、不具合の出たところだけを処置するという 方法をとっていた。 キャブの分解作業は、なければいいなーぐらいののりで始めたので、 やっぱり分解が必要だったかぐらいの感じで、...
続きを読む

手入れの第一段階は洗車

サベージ復活への道のり 7年間の眠りによって各部に不具合が出ていた。 こんな場合の第一ステップは、 はい、洗車です。 7年間のほこりを取り除いてあげることから始めました。 保管場所が家の中のガレージなので、雨にさらされていない分痛み は少なかったのですが、さすがに細かいところはサビが出ていました。 特に、エンジン周りのアルミ部分は、クリア塗装の中に白いサビが...
続きを読む

RZ250はすごいバイクだったよ

RZ250はすごいバイクだったよ 昔ヤマハが作った RZ250はすごいバイクだったですよ。 エンジンのパワーの出方が、レーサーのTZ250のように、 パワーバンドに入らないと、ボーてな感じで走らん走らん。 かったるいこと・・・。 でもパワーバンドに入る5千回転を超えるあたりから、急激に パワーが出て気持ちよく加速しだすんです。 この加速フィーリングは、他にた...
続きを読む

タイヤを買って 交換しました

『アレー リヤが変だなー』 感覚的に後ろの方がふらつくなーと思いつつ 『どっか外れたかなー』てな感じなので 元テストライダーの血が騒ぐ私は、 軽くスラロームをしていました。 リアがよじれる感じで、接地感がない 典型的なパンクのパターン 止まってタイヤを確認したら、 『何じゃこりゃ』 3ミリほどしかない、非常にしょぼい金属片が刺さっていました。 愛車のスーパー...
続きを読む

バイクを買うときのチェックポイント

バイクを買うとき バイクを、新車で買える人はいいんですが、中古車で買うときは、 注意しないと大損する なんてことがありますからよく選んでから 買いましょう。 機械というものは、使っているうちに必ず消耗していきます。 消耗する度合いは、パーツごとに違いはあるのですが、 必ず性能は、ダウンします。 ここで、中古バイクを買う場合に注意する点を上げていいますので、 ...
続きを読む

気持ちのいいツーリング中に影を落とす悪の・・・

『あー ほほに当たる風が気持ちイー』 ひさしぶりのツーリング、抜けるような青空に、心地よい風・・ アー やっぱバイクは、最高〜 思わず鼻歌も出てきます。 気持ちよく走っていた私に、 その後、これから起こる出来事は予測できませんでした。 いつも走っている、おなじみのルート 軽い右コーナーで、そこを立ち上がったあたりに対向車線に右折車が 止まっていました。 10...
続きを読む

バイクに乗る時は、周りの状況を読んで走ることが大切

ゴーデンウイークに走っていると、いつもと違うなーという 違和感を感じなかったですか? 挙動の読めない車がちょくちょく走っていることなかったです? 日頃、車に乗っていない人が、ハンドルを握っていると流れの 中に溶け込んでいない場合がありますね。 私は、そんな車を発見すると安全のため車間を大きく開けて走行 します。無理に抜いたりしません。信号待ちで、その車が止ま...
続きを読む

バイクにとっていい季節になってきました。

最近、バイクに乗っていると季節の変化を感じます。 外気温もずいぶん上がってきて、ライディング中に寒さに震えて そのまま乗っていると、手足に痛みを感じるぐらいの感覚は過去 のものになりました。 これから、梅雨までの少しの間はライダーにとってのいい季節に なりますね。 でも、日暮れ以降はやっぱりしばらくジャケットを脱ぐことが出 来ないですね。 昼間の暖かさで、軽...
続きを読む

こけた後の、不思議な感覚

こけた後の、不思議な感覚 おーとっっ とか、アレ? とか、転倒した瞬間に思うことや、 発する言葉は、色々あるます。 でも、私の場合、必ず感じる感覚が有ります。 どんな感覚だと思います? こけたことによって、ハンドルやステップが、曲がってしまうこ とは当たり前なのです。レバー類の位置も変わるのも当然です。 だから、元の位置に戻すようにするのですが、コレがなかな...
続きを読む

レースの世界で勝つために必要なものは?(アマチュアレベル)

レースをやり始めた頃よく連れと話していた内容ですが、 やっぱ、ライディングテクニックでしょ、とか いやいや高性能なマシンですよ でもマシンが良くてもセッティングする能力も無ければアカンとか 色々話が出るのですが、最終的に、    少しでも0の桁数の多い預金通帳やな という所に話は行きました。 私が、4耐の決勝を走行した年は、モリワキゼロのコンプリートマ シン...
続きを読む

レース中の事故について

レース中の事故について 2月19日 鈴鹿のレースに亡くなられた方がいました。 心からご冥福をお祈りいたします。 レースというのは、より早くを競うものです。でも、新聞の記事で 取り上げられる時は、時速100キロで走行中なんて書かれていま す。 まるでスピードを出しすぎているようなニュアンスを感じるのは、 私だけでしょうか? オリンピックのリュージュで、事故が多...
続きを読む

速度とバンク角

速度とバンク角を考える時に、レース中はフルバンクしているじゃないか?と疑問が出 てくると思います。しかし、私が言いたかったのは、街中のまっすぐな道を走っている 場合の速度をどう考えるかということなんですね。 片側一車線の国道、道幅6mあるとしましょう。 6mの範囲で、障害物をよける必要が出てきた時に使えるバンク角は、どれ位あるかを 考えていたわけなんです。速...
続きを読む

事故らないために 速度とコース幅を考えておこうね

バイクが1秒間に横方向に移動できる範囲はどれだけあるかを考えたことあります? どれだけバンクさせるかによるだろうけど角度にすれば何度でしょうか? 私なら90度は軽いと思われた方、バイクはおそらくかなりバンクさせているはずですね。 確かに低速領域なら可能でしょうけど、これを時速40キロで行えます? 時速100キロでは? 当然出来ないですね。 速度が出ていれば出...
続きを読む

レースの世界に付いて知りたい人

レースの世界に付いて知りたい人 レースについて知りたい人 実際にやってみようと思う人 こちらを一度見て損は無いです。 「Road Race Magazineではサーキットでレースを120%愉しむ方法を紹介しています。」 ...
続きを読む

倒れにくい自転車が開発されています。

倒れにくい自転車が開発されています。 平成18年1月5日の毎日新聞に載っていた記事に、倒れにくい自転車を堺の 「堺工業技術研究会」と府立大で倒れにくい自転車の開発を進めて、 今春には製品化する予定 とありました。 これはシート下にセンサーを入れて傾きを感知して機械にハンドルを 操作させる装置なんだって。センサーと連動させる技術は府立大航空 宇宙工学科の得竹浩...
続きを読む

バイク 夜の恐怖体験 続き

バイク 夜の恐怖体験 続き 信号で減速していくと、まるで二人乗りをしている時のように腰の所に手を回されたのです。 な 何じゃこれは〜 思わずうわ〜と叫び声を上げてスロットル全開で逃げました。 幸い、逃げたらすぐに手を放してくれたのですが、パニックになっている私は少しでも遠くに逃げたい、 明るい所に行きたいと走り続けました。 その後、少し明かりのある通りまで出...
続きを読む

バイク 夜の恐怖の体験談

バイク 夜の恐怖の体験談 その道には出ると言う、うわさがが有りました。 季節は春先、バイクの整備を終えてガレージから帰得る途中でした。 のどが渇いていた私は、途中の自販機で飲み物を買って、その場で飲んでいました。 今日もあそこを通るのかと思いつつ少し冷えてきたのでウインドブレーカーを着て家路に着きました。 あそことは、出るとうわさのポイントでした。 鈴鹿の田...
続きを読む

雨の日のシールドの曇り

雨の日のシールドの曇り 今年は、土・日に雨が降ることがやたら多いように感じているのは私だけでしょうか? 雨が降ってもバイクに乗るというあなたは、バイク大好き仲間です。 雨の日には、注意しなければいけないことに、視界の確保が有ります。 特にフルフェースのヘルメットを愛用してる方は、シールドの曇りがありますね。 曇り防止のために少しシールドを開けることをすると、...
続きを読む

本格的なサーキット走行の前に

本格的なサーキット走行の前に 本格的なサーキットを走行すのは、結構ハードルが高いと考える方には、 ミニバイクで走れるカートコースがおすすめです。 50ccのバイクでもコーナリングの基本は同じですので、 いろんなことが体験できます。 減速からコーナへの倒し込みや、 コーナリング中の挙動が体験できます。 サーキットは純粋に速く走ることだけに専念できますので、 自...
続きを読む

一度は走りたい、憧れのサーキット走行

一度は走りたい、憧れのサーキット走行 サーキットを走行するには、そのサーキットのスポーツ走行の、 会員になってライセンスを取る必要があります。 年会費数万円を払い、講習会を受講して晴れてライセンスを取得の運びとなります。 サーキットを走行するには、皮ツナギ・ブーツ・グローブ・ヘルメットなど 装備もそろえなければなりませんが、一度は体験してみるのもいいかも? ...
続きを読む

自分のバイクの調子を知る方法

自分のバイクの調子を知る方法 いつも乗っているバイクなんとなく最近パワーが?? でも気のせいなのかな? なんて事ありませんか? こんな時に、ベストな時の状態を知っていると現在の状況を判断できます。 感覚的にわかることも大事なのですが、やっぱり数字として知っている事も必要でしょう。 簡単にパワーを知る方法に最高速と追い越し加速性能があります。 さすがに公道で最...
続きを読む

バイクは体調万全で乗りましょう

バイクは体調万全で乗りましょう このところ仕事が忙しくて疲れがたまっていたみたいで久しぶりに寝込んでいました。 体調が万全でない時にバイクに乗っていると、ミスる事が多くなるので、 乗るときには少し控えめに乗ることが大事だとお思います。 意識はしっかりしてるつもりでも、反応速度は落ちていますので、 いつものように乗れない可能性が大きくなります。 集中力も途切れ...
続きを読む

RZ250vsVT250

RZ250vsVT250 ヤマハのRZ250とホンダのVT250、 同じ250でもそのフィーリングは大きく違いました。 低回転から力強い加速をするVTと、 パワーバンドに入らないとかったるい加速しかしないけど、 パワーバンドに入ったら気持ちよく加速するRZ。 どちらが乗りやすいか?と言えばVTに軍配が上がりそうですが、 バイクの楽しさでは、 個人で好き嫌いが...
続きを読む

感覚性能てなんだろう?

感覚性能てなんだろう? 実際の数値より感覚的に良く感じるのは、 どういうことかと考えてみたら悩んでしまいますね? 私が思うに、過去のことなんですが、弟とツーリングに出かけた時のことです。 私はCB750で、弟はCB250乗ってました。 40Km/Hぐらいで走行中に加速をすると、 弟のCB250の方が鋭い加速をして距離が開くのです。 これは、私のCB750はト...
続きを読む

どっちが早いのか?

どっちが早いのか? 30年くらい前の、月刊モーターサイクリストの記事に当時アメリカで、 CB500TとCB750で、 どっちが早いかを聞くとCB500Tのほうと答える人がたくさんおったそうです。 最高速やゼロヨン加速などの数値では当然750のいいのですが 感覚で感じる数値?感覚性能は500のほうが早かったんだって。 おもしろいですね。...
続きを読む

いろんなバイクがありますね〜

いろんなバイクがありますね〜 国内を走っているバイクは、多種多様ですね〜。 ビジネスモデルは、仕事に使う目的で作られていますので、 丈夫さと扱いやすさを両立させています。 結構、チョイ乗りに向いていたりして、実は私もホンダの スーパーカブを愛用しています。 このバイクは、どこに行っても、目立たないので安心して とめることが出来て重宝しています。 又燃費のいい...
続きを読む

アスファルトの凹み

アスファルトの凹み 真夏の大型トラックによって、道路にわだちが出来ていることか有りますよね。 そんな状態の道路で、道幅一杯を使ってアウトインアウトのラインで走行すると、 バンクと逆バンクを交互に走る事になるのでバイクの挙動変化がおかしくなります。 こんな場合はスピードを控えめにして走行するほうが無難でしょう。 昔の道路なんか縁石のように見えるぐらい凹んでわだ...
続きを読む

アイドリングは止まる寸前?

アイドリングは止まる寸前? アイドリングの回転数は、何回転にするのするのが正解でしょうか? あまり低すぎると、走行して停車する時にエンジン回転が 低くなりすぎてエンストする時があります。 また、スロットルをスナッピングすると回転が落ちすぎてエンストします。 私の場合は、マニュアルの回転数より若干低めにしています。 そのために、ちょっと高速走行した後に強めのブ...
続きを読む

この症状は、ガス欠?

この症状は、ガス欠? 町を走行中に、いきなりパワーダウンしたらあなたは、どうします? 昔のバイクには、フューエルメーターなんて付いていませんので、 ガス欠するまで、気づかずに走行することはちょくちょくありました。 走行中にパワーダウンを起こして、スピードが落ちてきます。 ありゃ?と思ってすることは、スロットルを開けることですが、 ガス欠の場合スロットルを開け...
続きを読む

初体験 はるか昔の転倒経験

初体験 はるか昔の転倒経験 16で免許をとって2回目のライディングだったと記憶しています。 夜の街灯も無いL字コーナーだったなぁ〜。 普通にそのコーナーに入っていった時、 イン側を通らずにセンターよりアウト側に走ってたら いきなりズシャーという感じでこけちゃいました。 そのコーナーは道のアウト側に砂が積もっていました。 4輪車が走行しているうちに、砂がドンド...
続きを読む

あなたは、どこを見てるかな? 2

あなたは、どこを見てるかな? 2 バイクに乗っている時は、どこを見ていますか? 前の車、それとも何台目かの前の車?もっと前と答えるでしょうか? 人間の目は、中心の狭い範囲しかはっきりとは見えていません。 人間の目は、網膜に光を感じる細胞があるのですが、色を認識できる細胞は、 ほとんど中心に集中しているそうですからね。 試しに前を見ながら、ある一点を集中して見...
続きを読む

あなたは、どこを見てるかな?

あなたは、どこを見てるかな? バイクに乗っている時は、どこを見ていますか? 前の車、 それとも何台目かの前の車? もっと前と答えるでしょうか? 前の車を見ていた場合は、前の車の挙動を確認することができますが、 前の車がどう動くかは動き出すまで先読みは困難です。 前の車のさらに前を見ていた場合は、 そこから直前の、車の挙動を推理することができます。 しかし、前...
続きを読む

時速160キロで転倒?

時速160キロで転倒? 20年前の話です。コース上に光る筋。 オイルか?   と思った瞬間の出来事。 フロントが一気にすべり気が付けばコースをすべっていました。 メーターの無いバイクだから、正確に何キロ出てたかわからないけど、 その時は、笑えるほどすべっていきましたよ。100m位すべってから、 止まる寸前ガードレールにぶつかりやっと止まる事が出来ました。 す...
続きを読む

渋滞の先頭は誰?

渋滞の先頭は誰? 自然渋滞の場合 答えは、存在しない? 渋滞はトンネルや、勾配の変化で自然に起きるそうです。 トンネルの場合、トンネル内に入る際、暗い所に入っていく為に 少しだけアクセルを戻してしまうのが、まあ普通の感覚でしょう。 俺はトンネルには、加速して入っていくよ、なんて特別な方はちょっと置いといて。 この少しだけ戻したために後続車は、車間距離が詰まっ...
続きを読む

時速100キロの世界

時速100キロの世界 時速100キロで高速道路を走行中に、 前を走行している車も同じ速度で走行していれば、 相対速度はゼロになります。 前走車と自分との距離は、止まっている時と同じで、 車間距離は変わりません。 これは電車に乗っているときと同じです。 電車自体は、時速100キロで走行しているけど、 電車の中は、家やオフィスや教室と変わらないですよね。 でも、...
続きを読む

シビレルような快感

シビレルような快感 バイクを乗っている時 その加速感、スピード感にシビレルような快感や陶酔感を 感じた経験を持っていることと思います。 特にスピードについては、猛烈な空気抵抗の中を、文字通りバイクと一体になって 空気を切り裂いて走行する。 そこは、非日常の世界ですから、魅力のある世界です。 ゼロヨンの大会なんかに出ていれば、速く走れば走るほどほめられたりする...
続きを読む

バイクは気ままに走行できる かな?

バイクは気ままに走行できる かな? バイクは、その小さなサイズの為ケッコウ気ままに出来るのですが、 ちょっと注意する点があります。 前回書き込んだように、前の車に自分が認識されているかを確認しておく必要があります。 特に、交差点を通過する時に、前走車が遅いからといって不用意に車の横に並んで走行すると、 右左折の車に巻き込まれる恐れが有るからです。 車に近づく...
続きを読む

そんなとこ走ってると危険 (対4輪ポジション)

そんなとこ走ってると危険 (対4輪ポジション) 白バイが違反車を追尾する時,どんなポジションを取るか知っています? 前走車の死角に見事に入って走行するのです。 当然走行している本人は、まったく気づかず気持ちよく走っています。 その時、突然サイレンの音と共に    「そこの車左によって止まりなさい」        てなことになってしまいます。 車は、左斜め後ろ...
続きを読む

こんな道に注意!

こんな道に注意! 今走行中の道路が、この先どんな状態になっているかを判断する為に、 ベテランは、ガードレールや街灯や街路樹の並び方で判断していると 以前に書き込みしました。 これは、道路を作る時に、国土交通省の方たちが先の変化を判断できるように 視線誘導の考え方で作ってくれているからです。 しかし、山や川沿い海沿いの道には、 どうしても視線誘導のための目印を...
続きを読む

ツーリングの楽しみ

ツーリングの楽しみ 何人もの仲間と、ツーリングに行くと、 一人で走っているときとは別の楽しさがあります。 仲間の乗り方を間近で観察できて 「なかなか乗れてるな〜」とか あちゃ〜そこで倒しこんだらあかんやん」とか 「もう少し開けるのを速く」など いろいろな思いをつぶやきながら、乗ることが出来るわけです。 結構それはそれで楽しいものです。 でもバイクは、走行中...
続きを読む

スリップ事故

スリップ事故 交差点で、いちばん多い事故は追突事故。 追突事故は居眠り運転、 脇見運転が原因の大部分を占めています。 しかし、ほかに意外な原因があるそうです。 それはスリップによる追突です。 なぜ、交差点でスリップ事故が、多いのでしょうか? スリップする原因が、路面の摩擦係数が著しく、低下してしまっているからだそうです。 なぜ、摩擦係数が低下するかといいます...
続きを読む

体を動かすということ

体を動かすということ バイクを思いどおりに操ることは、 バイク好きにとっては一つの夢ですよね。 バイクの乗り方については、 本屋さんにいろんな種類のライディングテクニックに関する本が出ています。 しかし、考えてみてください。 人間の体は知識だけでは、動かないものです。 例えば滑ったときにはスロットルを戻す。 体を内側に入れる。外側のステップを踏みつけるなど、...
続きを読む

ライトスタッフ

ライトスタッフ いつもバイクを乗っている時は、 周りの状況を見ながら一瞬一瞬に判断を下しているわけです。 特にスピードを出して走るということは1秒先2秒先を先読みして、 正しい判断を下し続けているのです。 当然スピードにより 1秒先2秒先の距離はどんどん増えるわけですから 10メートル先20メートル先さらには、 50メートル先を見ながら正しい判断を下さなけれ...
続きを読む

頂点の向こう側には何がある?

頂点の向こう側には何がある? 坂道は、上り坂の頂点の向こう側が見えなくなるということを、 以前書き込みました。 都会の中にも結構あるんですよね。 高架になっている道、 川にかかっている橋など、 上り坂になっていて頂点より向こうは見えない道路。 いつも走っている道に何カ所か心当たりがあると思います。 注意しないといけないのは、坂を降りきったところに信号機があっ...
続きを読む

高速道路の二人乗り

高速道路の二人乗り、 高速道路の二人乗りができるようになって、 バイクの楽しみ方の幅は、広がったと思います。 でも、バイクの場合、その場の空気を直接肌で感じることができる半面、 4輪のように、身を守ってくれるものは何もない乗り物です。 当然、高速で、事故を起こした場合は、乗っているライダーが、 たいへん大きなダメージを受けてしまうわけです。 高速道路に共通す...
続きを読む

直線部分

直線部分 サーキットにおいて直線部分は、一休みできる ところなんですが、公道においてはちょっと 意味合いが変わってきます。 田舎の往復2車線の直線道路でも、 制限速度は40キロ。 車もほとんど走っていない、ついつい気持ちよく、 アクセルを開けてしまいますが、その前に、考えましょう。 ガードレールの向こう側に、黒い頭が見えてませんか? 小さい四角い箱が置いてあ...
続きを読む

路面について 3

道について、 いつも走っている道ですがいろんなパターンがあります。 安全に速く走る為には、いろんなパターンを覚えて、 どこを走っても対応できるようになりたいものです。 道路のパターンは、以下の組み合わせでできています。 バンク・逆バンク・平坦 コーナーの Rの変化 連続したコーナー 上り勾配・下り勾配 直線部分 連続したコーナー ここで大切なのは、一つ目のコ...
続きを読む

路面について2

道について、 いつも走っている道ですがいろんなパターンがあります。 安全に速く走る為には、いろんなパターンを覚えて、 どこを走っても対応できるようになりたいものです。 道路のパターンは、以下の組み合わせでできています。 バンク・逆バンク・平坦 コーナーの Rの変化 連続したコーナー 上り勾配・下り勾配 直線部分 上り勾配・下り勾配 以前にも書きましたが、上り...
続きを読む

路面について

道について、 いつも走っている道ですがいろんなパターンがあります。 安全に速く走る為には、いろんなパターンを覚えて、 どこを走っても対応できるようになりたいものです。 道路のパターンは、以下の組み合わせでできています。 バンク・逆バンク・平坦 コーナーのアールの変化 連続したコーナー 上り勾配・下り勾配 直線部分 バンク 鈴鹿サーキットの有名な逆バンクコーナ...
続きを読む

すり抜け走行をしていて思うこと

最近、渋滞中の自動車の列の横を走行中に思うこと。 ミニバンが流行しているため、車高の高い車が増えて 大変見通しが悪く、神経を使います。 車が少しでも動いていれば車の間から出てくる ことはないのですが。 車が完全に止まっている場合は、車と車の間から いつ出てくるか判りません。 いつでも止まれる速度で走らないとい危険です。 渋滞中の横をすり抜ける場合は、横の車と...
続きを読む

あれー 変な所へ出てもうた こんな体験も有ります

あれー 変な所へ出てもうた オフロード走行も好きな私らのグループは、未舗装の 道を見つけるたびにちょこっと走ってみたりします。 20年ぐらい前のこと、オフロードを走行して山越えて ふもとに下りていったら、変な町並みに出てきました。 道路の上を、直径1m以上はあるパイプが、 横断しているのです。 けったい町やな〜と思いつつそのまま走っていると、 道路の交差点に...
続きを読む

ぬりかべ 登場

ぬりかべ 登場 ぬりかべって知ってます? もちろん妖怪のぬりかべのことなんだけど。 実は、田舎の峠道には、時々出るんです。 6台でツーリングに行ってた時の事でした。 走るの大好きメンバーで走ると、大きな国道と 海岸線のクネクネ曲がった細い道があれば (センターラインなんてもちろん無いような細い道)、 選ぶルートは当然、海岸線のクネクネ道、生活道路 なので路線...
続きを読む

こんなこと体験した時

誰も走っていないような山道を1台だけで登っていって コーナーが来るたびに排気音が、小さくなったり大きく なったり聞こえてくるのはない。 バイクの排気音だけが耳に入ってくる。 バイクはいよいよ峠の頂上に到達する、景色も走ってき た道を見返すと最高にキレイで思わずバイクを止めてしまう。 景色をみようと思い、エンジンをとめた。 今まで聞こえて来てたバイクの排気音が...
続きを読む

スゴイ性能のバイク

今乗っているバイクはすごい性能なんだぞ! 過去のバイクに乗っている方もたくさんおられるでしょうが、 最近のバイクは、素晴らしい性能を持っているということを 知っていますか? バイクは、四輪の乗用車でいうと、レースに使うために作ら れたベースカーを量産車と認められるために、規定台数だ けを販売するラリー車のような感じです。 生まれた時から走ると言うことの極限を...
続きを読む

視覚情報について

視覚情報について バイクを走らせるのに視覚情報というのは大切。 いつも何の気なしに走っている道でも目で見て走っているのです。 たまにバイクで走行中に目にごみが入って思わず片目をつむることがあります。 こんな時は周りの状況がよく見えなくなってしまいます。 片目だと距離感が狂ってしまったり、 視野が狭くなって周りがよく見えなくなりますよね。 こんな時は恐怖を感じ...
続きを読む

やっぱり早く走りたい!!

やっぱり早く走りたい!! コーナーをきれいにバンクさせながらカッコよく走る事は、 ライダーの憧れのひとつだと思います。 テクニックを身に付けるにはどうしたら良いでしょうか? ひとつの方法としては、 サーキットを走行することがあります。 サーキト走行のよい所は、対向車が無いので 走行だけに意識を集中できることです。 あといろんな見本を、 目の前で観察しながら走...
続きを読む

安全について

安全について 公道を走行する場合、 事故に遭わないことを第一に考えて乗っていることと 思いますが事故は思わない所でもらってしまうかも? などと考えていませんでしょうか? でもよく考えてください。 突然前に出てきたと感じた場合でも、 出てきた相手は、目の前の空間に突然出現したわけでなく、 ある場所から移動してきて目前に来たわけです。 後ろから当てられた場合でも...
続きを読む

軽快に走るのがバイク

軽快に走るのがバイク バイクに乗っていると楽しいと感じていますか? 夏は暑いし、冬は寒いし、雨の時はうっとおしいし、 自動車と比べれば乗車空間の快適性ははるかに劣ります。 移動するための道具として考えると、 自動車に軍配が上がると思います。 乗車人数にしても自動車のほうが多いですしね。 でもバイクに乗ると言う方は、何がいいのでしょうか? 人それぞれの意見があ...
続きを読む

安全運転について

安全運転について 単独事故と相手のいる事故  単独事故の場合は、バイクのトラブル(エンジン ロック・ブレーキロック・サスペンション破損など) を除いては、ライダーの技量不足が大きなウエイト を占めると思います。 相手のいる事故の場合は、同じ空間を共有する事態 になったために起こるわけです。 単独事故を防ぐためには、ライダーの技量を上げることと その技量の範囲...
続きを読む

公道とサーキット

公道とサーキット 公道をあたかもサーキットのように早く走れれば いいように思っている人がいるが、 公道の場合スピードが出ていれば単独で転んでもケガ、 最悪は、死亡事故までいってしまうことを覚悟しなけれ ばならない。 公道の場合サーキットのようにエスケープゾーンを取っ ていないので左コーナーの場合走行車線と対向車線の幅、 右コーナーの場合走行車線の幅を超えると...
続きを読む

歩道の縁石

歩道の縁石 歩道の縁石といっても、商店へ入るために下がっている 部分を通過する時の事ですが、やはり段差があります。 高さ的には少しの事なんですが、バイクはハンドルが 固定されると倒れこんでいく乗り物なのでたとえ1センチ でも角度が悪いと、 オットト、なんて冷や汗をかく事になりかねません。 バイクで高さのあるものを乗り越える場合、直角に乗り越え るのが最良の方...
続きを読む

バイクに乗っているだけの人って結構多いみたいで

バイクに乗っているだけの人って結構多いみたいで 乗りやすいようにレバー類の遊びを調整してる人は 少ないようです。 ちょっとした調整でスゴク乗りやすくなるのにもったいない 自分の手のサイズを考えて力の入りやすい遊びに調整するだけで 操作具合が変わる それも大きく変わるのでぜひやってみましょう それ以外にスロットルの遊びも、たいがいが多すぎると思います 少しだけ...
続きを読む

バイクは人殺しの機械?

バイクは人殺しの機械? バイクなんかに乗っている奴は、ろくでもない奴? 今も高校では、2輪の免許を取ってはいけない学校があるみたいだが バイクと自転車の違いを理解した上で、免許禁止にしているのか疑問 である。 昭和50年代は、そんな時代だった。 確かに暴走族がたくさんいて荒れていた時代。 私のツレも山でガードレールに張り付いて高校1年で他界しました。 でも、...
続きを読む

バイクを買う場合のチェックポイン

新車の場合は、メーカーの品質管理のチェックをクリアした状態です から安心できます。(もし不具合があっても直してもらえる) 中古車の場合は、どのような過去を持っているのかは、前のオーナー を知っていない限りわかりません。 そこで、ハンドルを切ってみたり、レバーを握ってみたり、 エンジンをかけてみたりするわけです。 その際は、自分の五感を最大限使っていろいろと情...
続きを読む

バイクのバッテリー上がりでエンジン掛けられない時

バイクがバッテリー上がりの時、エンジンを掛けるには、 押し掛けという方法があります。 押しがけの出来るバイクは、ミッション車に限ります。 最近増えた、ビッグスクーターの場合は、オートマの為に、 押し掛けという方法は使えません。 そんな時は、別のバッテリーをつないで掛ける方法しか選 べない訳です。 ブースターケーブルをつないで、セルスタートするのです。 ブース...
続きを読む

マイバイクをメンテナンスしてます?

マイバイクをメンテナンスしてます? 日頃乗っているマイバイク。 乗りっぱなしのはずは無いと思いますが、 基本的なメンテナンスは、欠かすこと無く行いたいです。 まず、操作系の動作確認、 ハンドル・ブレーキレバー・クラッチレバー・スロットル、 エンジンオイルの量、タイヤの空気圧など、 乗る前に簡単なチェックをしてから走行する癖を付けておきましょう。 上記の項目ぐ...
続きを読む

バイクを買う時に何を基準にします?

私の基準では、デザインと性能では、性能を選びたいかな? デザインはある程度、自分で変更できるからいいかな なんて考えています。 性能と、一言で言ってもまずカテゴリーを選んで オンロードモデルにするのか、 オフロードモデルを選ぶのか? オンロードモデルの中にも、スクーターからレーサーレプリカまで オフロードモデルにもトレッキング系からエンデューロモデルまで 幅...
続きを読む

メール
カテゴリ-
おすすめリンク