バイクは友達 > ライテク2

アウト・イン・アウト いつまでそんな戯言を信じているの?

コーナリングの基本は「アウトインアウト」とよく耳にしたり読んだりしているあなたは、コーナリングは外から内側について出口では外側に膨らんでいくライン取を早く走るために絶対条件であると思っていませんか? 呪縛のようにその言葉に従って走るライダーをよく見かけます。 道路やコースには幅があるので走行ラインをアウト・イン・アウトにすることにより、コーナーの回転半径をよ...
続きを読む

必殺 壁走り バイクでも出来るのか?

あなたは、イニシャルDで主人公の拓海君が使う排水溝を使ったミゾ走りをご存知かも知れませんね。 そのテクニックは、ミゾにタイヤを引っ掛けるように使って非常識なコーナリングスピードを獲得する方法です。 コレをバイクで行うのは可能でしょうか? 理論上は、イン側のスペースさえあればバンク状になっている部分を走行するだけなので可能ですよね。 では? 壁走りとは? ラリ...
続きを読む

バイクで突然の進路変更をすると・・・

あなたも経験があると思いますが、走行中に進路上に何かが転がってきたりして進路変更が必要になったこと。 バイクのコース変更は、ハンドルを切るだけでは出来ませんよね。よく、コーナリングの初期動作で逆ハンドルを切るというライディングテクニックがあるといわれています。 でも、急に進路変更をする必要に迫られたときは、誰でも瞬間的に行っていることなんですね。この際に、フ...
続きを読む

低速でのバランスの達人 ムラタセイサク君を学ぶ

2輪車で完全停止を実現した、村田製作所のムラタセイサク君がバランスを取っている原理の倒立振子は、ホウキを手のひらで立てる動作を上下反対にした物です。 手のひらを使ってバランスを取る動作を、回転する円盤で行っています。 円盤を、回転させたり停止させたりするトルク反力で傾向きを回復させているようです。 この原理をあなたが利用すると考えると、ヒジや足を外側に振り出...
続きを読む

やっぱり苦手 コーナリング中のライン変更

バンクしてカーブを曲っている時のバイクは、予定外の危険回避の為にさらにイン側へライン変更する事は、ほとんど出来ないですね。 あなたもトライしてみると、実感すると思いますよ。 コーナリング中のバイクは、ライン取りの自由度がほとんど無い乗物だと憶えておく必要があります。 当然、峠のコーナーを走っている時にイン側へさらに周り込む必要があるような事態は、コースの読み...
続きを読む

バイクのタイヤ スライドとスリップ

どっちもグリップしていない状態ですが、意図して行っているかいないかの違いのようなニュアンスでしょうか? 滑ったときの対処も、ブレーキを緩めたりスロットルを戻したり荷重を抜いたり入れたりとさまざまです。 ライダーの操作は、グリップを失った原因を取り除くことと、意図しないタイヤの接地点の移動によってバランスの崩れたバイクを何とか元通り安定させるようにする事ですね...
続きを読む

転倒回避のアクション

あなたも経験があるかもしれないですが、タイヤスリップでこけそうになった時に、バランスを回復しようとしてスロットルを戻してしまってタイヤのグリップがいきなり回復してハイサイド転倒という結果になってしまった事。 こけ方でも、ダメージの非常に大きい、出来れば避けたい転倒パターンです。 タイヤを支点としてライダーをバイクが投石器のような動きで高く放り投げるような動き...
続きを読む

下り坂のコーナリング 苦手では?

山道を走っていれば、上りと下りがあるわけです。あなたも、下り坂を走行したことがあるはずですよね。 下りのコーナリングを、どうも苦手だと感じているなんてことありませんか? もし、あなたも心当たりがあるならその原因について考えて見ましょう。 同じRのカーブがあったとしても、平坦路・上り・下りと色々なパターンが考えられるのですが、その中で下りを苦手としている人は、...
続きを読む

低速走行と重心位置

バイクにとっての重心位置は、低いほうが有利なのか? 単に走行中のバランスだけを考えると、重たい物が高い位置にあるほうが安定性が良いということなのですが、あなたは信じますか? 又、低速走行の時は重心位置が前にあるほうがバランスを取りやすいということなのです。 あなたの常識とは、相反するかも知れないですね。 一本橋走行のような場合のバランスを取る必要があるときに...
続きを読む

ライディング 遅く乗ってみるとわかること

あなたも免許を取るときに経験している、一本橋について考えてみよう。 言わずもがなの、狭い幅を遅く乗るトライですね。 バイクは、遅く乗るとバランスを取るのが非常に困難になる乗物です。2点しか接地していないので止まっているとこけてしまう訳ですね。 信号待ちなどで止まっている時は、こけないように足を出して3点接地にしているわけです。では、走行中にこけないのはバイク...
続きを読む

ライテク 小回りの時の速度

この動画は、Youtubeの2010 10 24ダンロップジムカーナ第5戦志賀手第2ヒートの物です。 1分22秒あたりの一回転をしている部分を見た目でどれぐらいの半径を何秒で回っているかを計ってみました。 バイクの大きさから考えて直径6メーターぐらいの大きさのようです。時間は、3.6秒程度でした。 一回転するのに18.84m走行することになって、使用時間で時...
続きを読む

ライテクの為に 何を見るか

あなたも知っていると思いますが?  バイクは見ている方向に行くという言葉の意味を考えたことがありますか? アメリカの地平線まで見えるような所にある一本道の道路で、事故を起こすポイントがあるそうです。保安官が感じることに、「何もわざわざ道路標識に当たらなくてもいいのに・・・」ということが良く起こるそうです。 車やバイクが、まるで虫が誘蛾灯に引き寄せられるように...
続きを読む

どこまでバイクは進化のするか?

未来の国からやぁ~て来た知恵と力と勇気の子 進めジェっター嵐を砕け走れ流星まっしぐら・・ こんな歌を知っている人は、同年代・・・・ この中に出てくるまるで生き物のようなマシンが、子供のころに乗ってみたかった流星号 1000年の未来からやってきた、走って・飛んで・潜れる、タイムマシンなんだけどこの乗物がオートパイロットというか勝手に判断して勝手に飛んだり走った...
続きを読む

コーナリング中のスロットル操作

コーナリング中のスロットル操作 進入の時に閉じるのは当然のことと思っていますよね。でも、レースの場合は進入から出口までフルスロットルの状態のコーナーもあったりします。鈴鹿サーキットならヘアピンカーブのあとのコーナーなどは曲っている加速区間です。 スプーンコーナーのあとのストレートにつずく1000Rなんかも加速区間です。シケインの後のコーナーはすべてだと思いま...
続きを読む

ライテクの極意 平常心

あなたは、どうすればライディングが上達するのか? を考えていますよね。 コーナリングのコツは、本などでよく説明されているので知っていることでしょうね。スローイン・ファーストアウトといわれるようなスピードに関することや、アウト・イン・アウトなどのライン取りに関すること。 実際に、ベテランの人の後ろについて走れば大体のフィーリングはつかめます。 それを、ソロで走...
続きを読む

ライテク 雨のライディング

平成23年4月8日 今日は久しぶりの雨です。 バイクに乗る必要のある人は、スリップに注意して走行してくださいね。 ウェットの路面は、晴天時に比べて路面ミューが低下していますからね。 タイヤグリップは、荷重と摩擦係数(μ)で決まってきます。雨の日は、晴れの日より10%ほど落ちるので、滑りやすい状態です。そんなときに、急のつく操作は厳禁です。 パワーのあるバイク...
続きを読む

コーナリングとUターン 

峠のコーナリングは、初心者でもスピードを考えなければそれなりに走れてしまいます。しかし、最小半径のUターンとなると苦手で出来ないというパターンがあるようですね。 特にハンドルをロック状態まで切ってスムーズに回れるようになるには、それなりに練習しておく必要があります。 2輪車であるバイクが倒れないように走れるのは、重心が崩れた時にハンドルを切ってフロントタイヤ...
続きを読む

ライディング ローソンが早い理由

エディー・ローソンは、舗装路だけで早いのではなくオフロードでもすばらしいテクニックを持っていたということを知っていますか? 彼は、ステディーエディーと呼ばれていました。非常に安定して早さを持っていたのでおとなしい印象を持っていた人もいるかも知れませんね。 バイクに乗ることが本当に好きで、ライテクの上達に真剣に取り組み続けていたのです。 彼はスーパーバイカーズ...
続きを読む

コーナリングのきっかけを作る

止まっている状態でバランスを取っているときに、ライダーが上体を左へ傾けると、バイクは右に傾く。 あなたも片足で立ってみるとわかります。上半身を左に倒そうとすると腰の位置が右の方向へ移動して逆くの字になります。コレは、バランスして倒れないためには、重心点が接地点に対して垂直線上にないと倒れてしまうからですね。 コーナリングのきっかけを作るときに、どんなアクショ...
続きを読む

バイクのライテク 脳をフル活用

ツーリングで初めての峠を走る時は、サーキット走行のようにどのポイントでどんな操作をするかの目標となる目印がありません。 たとえば、100m看板でスロットルを戻すとか、ガードレールの継ぎ目を目印にフルブレーキングをするや舗装の継ぎ目でバンクを始めるとか、その道路のレイアウトを知っているわけではないですね。 公道を恐ろしいスピードで走行する、WRCなどの場合もコ...
続きを読む

バイク vs 遠心力 そしてカマボコ?

最小回転半径でバイクを走らせた時 速度は結構遅い? 普段、公道を走っている時のスピードを考えると360度のフルターンをしているバイクってあまり早く走れないですね。 白バイの全国大会で、足つきUターンをしているときのスピードと一回転しているときの速度には開きがあります。もしも、回転し続けると本当にゆっくりとしか走れません。 公園なんかにある回転遊具で遊んだ事が...
続きを読む

コーナリングの荷重移動はどうなっている?

コーナリングすると、前後の荷重はどのように変化するかを考えています? 速度変化のない、ノーブレーキングのコーナリングでも曲り始めからフロント側に荷重が掛かります。 曲がるということは、前方向と横方向への移動になるので小学校の時に使っていた三角定規を思い出してもらったらわかるように、斜めのところが一番長いのです。 線の長さが速度だとすると、コーナリングで方向を...
続きを読む

最短のブレーキングを行うために 3つのポイント

制動時の速度変化は、バイクの能力によって決まってきます。 ウイングつきの上から押さえつける力を発生するF1などの場合は4Gも可能といわれています。 重たいほど摩擦力が増えますが、とめるために必要な力も増えるので相殺されて重さの増加で減速Gは増えないのでが、空気の力でタイヤを押さえつける力が増やせるからですね。 ダウンフォースを稼げない2輪車の場合は、別です。...
続きを読む

最短のブレーキングを可能にするためには?

あなたのバイクライフをより充実した物にするために、ブレーキテクニックは必ず身に付ける必要が有ります。 まず、公道を走行するときに考えることは、事故を起こさないライディングが前提条件ですよね。車間距離をとることが重要なことは警察に指摘されるまでも無いことですね。あなたは、前走者との間隔をちゃんととっていますか? 普段走っている、一般的なアスファルト路面で市販車...
続きを読む

コーナリング中のライディングフォーム 三者三様

この前の ケニーさんは、やっぱりすごいの動画を見ていると大変面白いことがわかります。 ゼッケン1 ケニー・ロバーツ       7 バリー・シーン       3 ビル・ハートッグ それぞれのライディングフォームが、まったく違うのですね。 すごくキレイな【ハングオフ】で走行する、ケニーさんに対して、イン側に体を落として走る、バリーさん、そして、イン側に腰を...
続きを読む

ケニーローバーツさんは、やっぱりすごい コーナリング中のアクション

動画をチェックしていたら、すごいのを見つけました。 1979年イギリスGP 500ccクラスシルバーストンその5 6:50 あたりで フロントが大きくスライドしているのに、そのまま何事も無く立ち上がっています。 ケニーさんの乗り方は、 コーナーへの侵入時には、フロントタイヤが少しスライドするほどのスピードを維持して入って行くようにしていたそうです。 フロント...
続きを読む

バイクにとって各パーツの遊びは必要 でも・・・

すべてのパーツには遊び(クリアランス)が必要です。コレが無いと組み付ける時に大変な労力が必要になりますからね。 クリアランスが無いと、ボルト一本組み付けるのにも圧入になってしまいます。隙間が有るから簡単に入るわけです。又、操作関係でも、クラッチやブレーキ、アクセルにまったく遊びが無いと大変そう指図ら鋳物に名有ることでしょう。 でも、コレがスポーツライディング...
続きを読む

コーナリング中に自然界のいたずらか?

あなたは、トンネルを抜ける時に注意すること、知ってますよね。 教習本などにも登場するので、ぱっと頭に浮かんだことと思います。 それは、風です。都会のビルの谷間に巻き風が吹くように、大気が移動した時に何か障害物が有るときその周りを通過したら加速して強風になるのですね。 峠を走行中に、開けたば場所に行くと同じような条件になっていきなり横風が吹いている時があります...
続きを読む

コーナリング中のバイク挙動 こんな間違いをしていませんか?

あなたは、カーブで曲るときに何を考えていますか? 【とにかくブレーキを掛けてスピードを落とす。】 まず、一番大切なのは、これから走る道路がどのような状態であるかを判断することがまず最初にすることです。 一般公道では、以前の【ふるいとおたま】で書き込んだように、まったくの初心者が事故を起こさないように自動車のハンドルを直進状態からコーナリングに必要な切り角まで...
続きを読む

フルブレーキングのコツを身に付ける

前々回に書き込んだマン島の動画を見ていると、タイヤの形状が大きく変形するのが良くわかりますよね。 フルブレーキングを掛けると、フロントタイヤに一気に荷重が掛ってつぶれるのが想像できると思います。荷重とグリップの話で出てきたように、グリップは荷重に比例して大きくなります。 そして、接地面積が増えるほど荷重をかけた時にグリップの増加が頭打ちをして増え方がなだらか...
続きを読む

最短のフルブレーキングを考えてみると・・・ 転倒のリスクが・・・

高速で走行中に、最短でブレーキを終えてしまうことが、その後のコーナリングにつながるのだろうか? まず、減速を始めると当然スピードが落ちるわけだけど、その際に速度を落とす力が発揮できているのは、地面に接地しているタイヤだけですよね。それ以外は、前に進もうとし続けています。もし、バイクにハンドルが無くタンクの出っ張りも無く丸太のような形状なら、それに乗っている人...
続きを読む

コーナリングとブレーキング

あなたは、タイヤグリップとスリップアングルの関係を知っていますか? 一番グリップを発揮するのは、10%のすべり率の時に最大になるということを以前に書き込んだのですが、ホンダのサイトに詳しく乗っていたので、グラフにしてみました。 そのグラフでは、縦方向には20%の時が最大値になっていました。横方向では、すべり率10%まではなだらかに下がり、その後一気にグリップ...
続きを読む

コーナリング中のアンダーステアとは?

あっ 曲れないと思って少しブレーキを掛けた経験を持っていない人はいないでしょうね。 コレを、アンダーステアが出たという人がたまにいるようですね。でも、本来の意味ので言えば、バイクはすべてオーバーステアの特性を持っています。 元々、一定のスピードで定常円旋回をしている状態でハンドルの切れ角を一定にしたままスピードを上げていくとコーナリングラインが今までよりイン...
続きを読む

加速・減速・コーナリングの考察 バイクのグリップ力

摩擦力は、重さと摩擦係数によって決まります。 重ければ重いほど大きくなります。又、摩擦係数が小さくなればよりすべりやすくなるのは、日ごろの経験で体が理解していますよね。 たとえば、雪の日や風呂場で洗剤が残っているところを歩いて滑ってこけそうになって思わず叫んだことが有るのではないですか?又は、オイルがこぼれているところでも同じように非常に滑りやすいですね。 ...
続きを読む

コーナリング考察 タイヤの太さとグリップ力と荷重2

タイヤが太いとグリップが良いのは、掛けられる荷重が増えるから。 物事には、なんにでも限界があるのですよ。前回の話で、あなたの持ち上げている物の重さが80キロだったらどうなるでしょう? ちょっと大変ですね。100キロだったら? ムリムリというかんじですか? でも、二人なら50キロずつなので可能ですよね。タイヤのグリップは荷重を増やしていけば頭打ちになってしまう...
続きを読む

コーナリング考察 タイヤの太さとグリップ力と荷重

摩擦が有るからその位置を保っていられることを考えたことがありますか? もし、この世界に摩擦力が働かなくなると高低差の有るところではすべての物が低いところへ滑っていくことになって大変なことになるでしょう。 水を考えればわかりますよね。 あなたは、タイヤのグリップ力を上げるために、荷重を掛けるという話を一度は聞いたことが有ると思いますが、サテどんな仕掛けになって...
続きを読む

リーン アウト・イン・ウイズ・ハングオフ どれがどうだか?

あなたは、ライディングポジションでどれをおもに使っているでしょうか? よく、ライディングについての解説などで出てくる言葉ですが、コーナリングは、アンシンメトリであると昨日のブログで書きまたが、ライダーによってまさにバラバラです。さらに、同じ乗り手でも右と左のコーナリングでさえ正確には違っていると言う結果でした。 有るスピードでコーナリング中のバンク角を決定す...
続きを読む

コーナリングは、【アンシンメトリー】

あなたは、 右利きですか? 左利きですか? いずれにしろ、あなたの体は正中線で区切って左右はシンメトリーになっていないでしょう。 筋肉のつき方が、利き腕と非利き腕では違うだろうし顔にしたって噛む時によく使うほうの筋肉が発達するので 左右で違うようになるのはよくテレビで放送したりするので知っている人もいると思います。 当然、あなたのコーナリングフォーム...
続きを読む

あなたは、まだ信じているのですか? スローインファーストアウトという言葉を

いきなり挑発的なタイトルです・・・。 スローインファーストアウトは、よく聴く言葉ですね。 でも、あなたの走行するフィールドは、制限速度のある公道です。 高速道路でも制限速度は、時速100キロメートル。カーブのRは安全に走行できるように親切に作られています。 通称下道の場合は、時速60~40キロメートルです。 国道や県道、それ以外の道路でもお国の定めた安全の基...
続きを読む

GPマシンに市販タイヤを履くとどうなるか?

ミシュランのホームページに興味深いものがありましたよ。 GPマシンに市販タイヤのパイロット・パワー2CTを履かせてテスト走行を している影像です。 ミシュランのHP 映像はこちら: http://www.michelin.co.jp/tires/mc/pilot_power_2ct/index.html 舗装路なのに、まるでダートを走っているように滑りながら...
続きを読む

バイクのライテクを誰に教えてもらうか

ライテクを身に付ける近道は、どの方法を選択するか? 6月16日の笑っていいとものタモリさんが、おもしろいことを言っていました。 最近は、ゴルフをプレイせずにゴルフの練習を教える事をやってます。 レッスンアマをやっています。 始めから出来た人がプロになるから、その人にとって簡単なことは出来て当たり前。 出来ないことが信じられないことで、それを教えるにはどうした...
続きを読む

ライテクの奥底に潜んでいるもの

バイクを乗ることを選んで実際にバイクに乗っている。 バイクに乗るのは、何をもとめているのだろう・・・ スピードを出すことは、人より度胸のあることを示せる? いや、単に目的地に早く到着できるだけかも知れない。 いや待てよ・・・ 昔、生きるために獲物を取るのに早く走れることは、有利なはず。 固体の運動能力は、生き延びるのに役立った。 だから、早く走れることを潜在...
続きを読む

女性白バイ隊員のライディングを見て思ったこと

テレビで女性白バイ隊員の紹介が盛んにされています。 訓練の風景が映像としてあがっていてそれを見ていてふと感じたこと なのですが、 彼女たちがスロットルを操作するときに、ひじを内側に入れるように してのっていますね。 ひじを内側に絞るようにスロットルを開けると、ハンドルとの角度が 直角に近くなってスロットル操作をするときにきつくなると思うのだ がどうなんだろう...
続きを読む

レースのテクニック ハングオンについて

レースのテクニック ハングオンについて ハングオフ(hang-off)と英語で呼ばれているテクニックは、アイ スレースからロードレースにやってきた、ヤーノサーリネンがロー ドレースに使うことからその歴史は始まっているとされています。 アイスレースは、氷上のトラックを周回するレースです。 コーナリング中の、バイクと氷面の隙間はほとんど無く、そのバン ク角は、ほ...
続きを読む

バイクの走る曲る止まるを練習する

バイクの走る曲る止まるを練習する バイクにあるサスペンションは、ストレートでギャップを通過する ときにショックを吸収する大変重要な役目をしていますが、挙動を 乱す元になるときがあります。 急加速や急減速や、または急にバンクさせるとGがかかって沈み込 むまで加重がタイヤに乗りきらない時間が生まれます。 この時に、タイヤが必要としている加重に達していないとスリッ...
続きを読む

バイクの安定性と操縦性について

バイクの安定性と操縦性について バイクはある程度のスピードが出てると、自立して直進するし、 バンクしていたら旋回していきます。 これは、レース中にハイサイド状態になってライダーが放り出されたバイクが、 転倒せずに走行しているシーンに見られます。 バイクは、安定性があって自分で直進なりコーナリングなりが出来るということです。 極端に安定性の良いバイクを作ればい...
続きを読む

斜面を横切る時ステップにかける荷重は山側?谷側?どっち?

斜面を上手に横切ろうとすると、ちょっとしたコツがいります。 斜面を横切る時には、どっちの足に加重をかけています? 斜面を横切るなんてやったこと無いので「知らん!」なんて返事が聞こえてきそうですね。 昔の本には斜面を横切る時には谷側加重と書かれていたと思います。 私もそれを信じてトライアルの真似事をしていた時には、斜面に対して谷側を踏ん張っていたのです。 斜面...
続きを読む

急斜面を駆け上れ3

急斜面を駆け上れ3 斜面の途中で止まってしまった場合、乗車姿勢で止まったらそのままの状態で止まっていられるのなら 一旦止めて左右どっちかに傾けて倒してしまったほうが安全です。 止まりそうになって倒す場合は、傾けたほうと反対にハンドルを切れば簡単に倒すことができます。 この時、体は斜面の上に残るように倒してください。 一番怖いのは大きなダメージを受ける斜面の下...
続きを読む

急斜面を駆け上れ2

急斜面を駆け上れ2 速度は控えめにして上り始めるのですが、斜面を上り始めるときはスロットルを少しだけ開けるほうがいいです。  なぜか? それは、斜面に入り始めるとフロント側が斜面で持ち上げられます。 そんな状況へスロットルを閉じた状態で進入するとつんのめってしまいます。 仮に走行中、突起物を発見して避けられずに乗り越えなければならない時も、 ぎりぎりまでは...
続きを読む

急斜面を駆け上れ

急斜面を駆け上れ 最近規制が厳しくなった河川敷の走行ですので、斜面を思い浮かべる時に便利なので例として考えてください。 河川の堤防のような斜面を駆け上がるのにどんな乗り方をするか? まず、選択すること 上り始める速度    上体の位置    スロットルの開度 こけそうになったらどうするか? あなたはどうします? 上り始める速度は、とりあえず登ることさえ出来た...
続きを読む

いよいよ加速

いよいよ加速 クリッピングポイントから加速していくのにスロットルを 開けていきます。 開けていく際のポイントは何でしょう?  私が注意しているのは、クリップまでにフルバンクを 終えて加速の際は少し起こした状態でスロットルを 開け始めて行きます。 フルバンク状態ではすべった時にコントロールする 自信が無いからです。 少し起こした状態なら接地面積が増えるのですべ...
続きを読む

すべったらどうする?

すべったらどうする? タイヤのグリップは、接地面積と加重に関係します。 コーナリング中の接地面積は、 速度を上げると遠心力が大きくなりタイヤがひしゃげ るので増えます。ブレーキを掛けている場合も減速G のため設置面積は増えます。 タイヤに単位面積当たり適度な加重を加えるとグリップ が上がり限界を超えると滑り出します。 加重が少ない場合もグリップは上がりません...
続きを読む

すべった時

すべった時 すべる時はどうしたらよいか? コーナリング中にすべるのは、 ブレーキやアクセルの急な操作をした時 水やオイルなど路面のミューが低くなる原因がある時 路面の凹凸によりサスペンションの急激な伸縮があった時 などいろいろあると思いますが、 路面側に問題のある時はその部分を回避することが一番です。 操作のほうに問題のあるときは、 対処は基本時にバイクを起...
続きを読む

コーナリングの前にシフトダウンをする場合

コーナリングの前にシフトダウンをする場合 コーナリングの際シフトダウンを行う場合は、 立ち上がりでパワーを掛けた鋭い加速をする ために行います。 立ち上がりでパワーを必要とする場合でも、 直立状態でシフトダウンを終わらしてから 倒しこむ方法をとることをおすすめします。 この際、エンジン回転数を合わせるために スロットルを開けますが、 その後スロットル開度は、...
続きを読む

パンクでも走行できる?

パンクでも走行できる? タイヤの種類にもよりますが、 まずチューブタイプの場合抜ける割合が多いので、 すぐにほとんど抜けてしまいます。 チューブレスの場合は細い釘程度なら、 1時間程度なら走行不能にならないと思います。 私の過去の経験に、パンクしたタイヤで、 パンク状態で走行するとタイヤがダメになることを 承知で走行したことが3回あります。(出勤の為5Kmの...
続きを読む

バンク角

バンク角 スポーツタイプの場合は、 バンク角を確保していますのでかなりバンク させないとステップをすることは無いと思います。 アメリカンタイプの場合は、結構バンク角が浅い状態 でもどっかすってしまうことがあるかと思います。 こすった(接地)パーツがステップの場合 可倒式のタイプは少々接地しても、 コーナリングに影響は出ないですが、 エンジンの一部やマフラーみ...
続きを読む

コーナリングの前にシフトダウンをする場合

コーナリングの前にシフトダウンをする場合 コーナリングの際シフトダウンを行う場合は、 立ち上がりでパワーを掛けた鋭い加速をする ために行います。 立ち上がりでパワーを必要とする場合でも、 直立状態でシフトダウンを終わらしてから 倒しこむ方法をとることをおすすめします。 この際、エンジン回転数を合わせるために スロットルを開けますが、 その後スロットル開度は、...
続きを読む

シフトダウン3

シフトダウン3 シフトダウンの時にブレーキングをしない場合。 すばやい加速をするために低いギヤを使う場合や コーナリングの立ち上がりの時にパワーがほしい 場合などに行うシフトダウンは、エンジン回転数を 上げておく必要があります。 ギヤを落としクラッチをつなぐ前にスロットルを いったん煽ってやるのですがどれぐらいの回転で 必要な回転数になるかは、感覚として身に...
続きを読む

シフトダウンその2

シフトダウンその2 止まるための減速中にシフトダウンをする場合は、 ブレーキングの後半止まる間際クラッチを切ったまま、 まとめてカチャカチャとローまで落とします。 この時エンジン回転に注意してアイドリングより 低すぎるとエンストするので注意します。 エンストが心配な場合はローに入ったらブレーキを 握りながら軽くスロットルをひねります。 ブレーキを掛けながらス...
続きを読む

シフトダウンについて考える

シフトダウンについて考える シフトダウンの必要な場合は、  交差点で赤信号で止まる時  一定速度で走行中にすばやい加速を  する必要が出来た時  減速しながらコーナーに入っていく時  減速はしないがコーナーに入っていく時 などが考えられます。 私の場合パターンによって少しづつ シフトダウンのやり方を変えています。 続きは次回へ...
続きを読む

シフトアップ

シフトアップ シフトアップの時にクラッチを使わずに行う。 ギアは加速状態のときは、接触部分が押され ている状態なのでチェンジペダルを押していても シフトアップは困難な状態にあります。 ではどうすればいいか? シフトペダルを軽く押しながら スロットルを一瞬だけ戻すのです。 するとあっけなくチェンジできてしまうはずです。 スロットル操作は一瞬戻して又開けないとエ...
続きを読む

シフトチェンジ

シフトチェンジ チェンジの時は、エンジン回転転数が変化しますよね。 シフトアップの時は、同じスピードでも次のギヤでは 少ないエンジン回転数になるので回転数が落ちてから クラッチを繋がないとショックが出ます。 エンジン回転数をシンクロさせる感覚を身に付ける為、 普段の走行から練習を意識したクラッチミートを心がける ようにしてください。 通常の加速とフル加速の際...
続きを読む

得意なコーナー 苦手なコーナー

得意なコーナー 苦手なコーナー 広い駐車場のような所で軽く8の字旋回をしてみれば、 自分が右回りと左回りのどちらが得意かわかります。 同じように回ってみてもなぜかしっくりと来ない旋回方向 があるはずです。 人間の体は左右完全に対象の方はいませんので当然 といえるのですが、 もう1つの理由として考えられるのは、 慣れの問題。 皆さんは右回りと左回りではどちらが...
続きを読む

急操作は厳禁と書き込みましたが・・・

急操作は厳禁と書き込みましたが、  まず急操作を直立状態で体験してみましょう。 ブレーキを掛けてすぐ加速してみます。 おそらくフロントサスが急激に縮み加速の時は、 フロントサスが伸び上がり、体は前後に大きく動 いてしまいますよね。 こんなことをコーナリング中にやってしまうと転倒確実です。 でも早く走る為には当然すばやい操作を行うわけですが、 素早い中にも、始...
続きを読む

減速と加速

減速と加速 コーナリングをする時には、減速と加速をするのですが、 直立状態で減速を終わりコーナリングをしてから直立状態 にしてから加速する人はいませんよね。 当然バンクしている時にも減速を続けて、目標のスピード に落としバンクしている状態で加速に移る移るわけです。 この時の操作は急のつく操作は厳禁です。...
続きを読む

押し掛けの仕方を覚えよう バッテリー上がりでも平気

押し掛けの仕方を覚えよう バッテリー上がりでも平気 まずギヤを2速に入れる 少し押して圧縮上死点あたりにしてからクラッチを切って 全力で押す スピードが出たら一気にクラッチを放す この時、後輪がロックするようだと、 加重が少ないので飛び乗って体重をかけた瞬間に クラッチを放すようにするとエンジンを掛けることが出来る エンジンが掛かったらすぐクラッチを切ること...
続きを読む

メール
カテゴリ-
おすすめリンク