バイクは友達 > コーナリング

やっぱり苦手 コーナリング中のライン変更

バンクしてカーブを曲っている時のバイクは、予定外の危険回避の為にさらにイン側へライン変更する事は、ほとんど出来ないですね。 あなたもトライしてみると、実感すると思いますよ。 コーナリング中のバイクは、ライン取りの自由度がほとんど無い乗物だと憶えておく必要があります。 当然、峠のコーナーを走っている時にイン側へさらに周り込む必要があるような事態は、コースの読み...
続きを読む

下り坂のコーナリング 苦手では?

山道を走っていれば、上りと下りがあるわけです。あなたも、下り坂を走行したことがあるはずですよね。 下りのコーナリングを、どうも苦手だと感じているなんてことありませんか? もし、あなたも心当たりがあるならその原因について考えて見ましょう。 同じRのカーブがあったとしても、平坦路・上り・下りと色々なパターンが考えられるのですが、その中で下りを苦手としている人は、...
続きを読む

ライテク 小回りの時の速度

この動画は、Youtubeの2010 10 24ダンロップジムカーナ第5戦志賀手第2ヒートの物です。 1分22秒あたりの一回転をしている部分を見た目でどれぐらいの半径を何秒で回っているかを計ってみました。 バイクの大きさから考えて直径6メーターぐらいの大きさのようです。時間は、3.6秒程度でした。 一回転するのに18.84m走行することになって、使用時間で時...
続きを読む

ライテクの為に 何を見るか

あなたも知っていると思いますが?  バイクは見ている方向に行くという言葉の意味を考えたことがありますか? アメリカの地平線まで見えるような所にある一本道の道路で、事故を起こすポイントがあるそうです。保安官が感じることに、「何もわざわざ道路標識に当たらなくてもいいのに・・・」ということが良く起こるそうです。 車やバイクが、まるで虫が誘蛾灯に引き寄せられるように...
続きを読む

コーナリング中のスロットル操作

コーナリング中のスロットル操作 進入の時に閉じるのは当然のことと思っていますよね。でも、レースの場合は進入から出口までフルスロットルの状態のコーナーもあったりします。鈴鹿サーキットならヘアピンカーブのあとのコーナーなどは曲っている加速区間です。 スプーンコーナーのあとのストレートにつずく1000Rなんかも加速区間です。シケインの後のコーナーはすべてだと思いま...
続きを読む

コーナリングのきっかけを作る

止まっている状態でバランスを取っているときに、ライダーが上体を左へ傾けると、バイクは右に傾く。 あなたも片足で立ってみるとわかります。上半身を左に倒そうとすると腰の位置が右の方向へ移動して逆くの字になります。コレは、バランスして倒れないためには、重心点が接地点に対して垂直線上にないと倒れてしまうからですね。 コーナリングのきっかけを作るときに、どんなアクショ...
続きを読む

バイクのライテク 脳をフル活用

ツーリングで初めての峠を走る時は、サーキット走行のようにどのポイントでどんな操作をするかの目標となる目印がありません。 たとえば、100m看板でスロットルを戻すとか、ガードレールの継ぎ目を目印にフルブレーキングをするや舗装の継ぎ目でバンクを始めるとか、その道路のレイアウトを知っているわけではないですね。 公道を恐ろしいスピードで走行する、WRCなどの場合もコ...
続きを読む

コーナリングと無限グリップ力

あなたはコーナリング中に無限グリップ力を発揮するタイヤがあると欲しいですか? 確かにスライドする心配がないと、スロットルをいつでも開けて加速体制に持っていくことが出来て乗りやすいバイクになるかも知れません。 でも、無限グリップするタイヤはレールの上を走っているのと同じですよね。コーナリングスピードを上げていってもスライドすることがないと遠心力がとんでもない値...
続きを読む

コーナリングの荷重移動はどうなっている?

コーナリングすると、前後の荷重はどのように変化するかを考えています? 速度変化のない、ノーブレーキングのコーナリングでも曲り始めからフロント側に荷重が掛かります。 曲がるということは、前方向と横方向への移動になるので小学校の時に使っていた三角定規を思い出してもらったらわかるように、斜めのところが一番長いのです。 線の長さが速度だとすると、コーナリングで方向を...
続きを読む

コーナリング中のライディングフォーム 三者三様

この前の ケニーさんは、やっぱりすごいの動画を見ていると大変面白いことがわかります。 ゼッケン1 ケニー・ロバーツ       7 バリー・シーン       3 ビル・ハートッグ それぞれのライディングフォームが、まったく違うのですね。 すごくキレイな【ハングオフ】で走行する、ケニーさんに対して、イン側に体を落として走る、バリーさん、そして、イン側に腰を...
続きを読む

ケニーローバーツさんは、やっぱりすごい コーナリング中のアクション

動画をチェックしていたら、すごいのを見つけました。 1979年イギリスGP 500ccクラスシルバーストンその5 6:50 あたりで フロントが大きくスライドしているのに、そのまま何事も無く立ち上がっています。 ケニーさんの乗り方は、 コーナーへの侵入時には、フロントタイヤが少しスライドするほどのスピードを維持して入って行くようにしていたそうです。 フロント...
続きを読む

コーナリング中に自然界のいたずらか?

あなたは、トンネルを抜ける時に注意すること、知ってますよね。 教習本などにも登場するので、ぱっと頭に浮かんだことと思います。 それは、風です。都会のビルの谷間に巻き風が吹くように、大気が移動した時に何か障害物が有るときその周りを通過したら加速して強風になるのですね。 峠を走行中に、開けたば場所に行くと同じような条件になっていきなり横風が吹いている時があります...
続きを読む

コーナリング中のバイク挙動 こんな間違いをしていませんか?

あなたは、カーブで曲るときに何を考えていますか? 【とにかくブレーキを掛けてスピードを落とす。】 まず、一番大切なのは、これから走る道路がどのような状態であるかを判断することがまず最初にすることです。 一般公道では、以前の【ふるいとおたま】で書き込んだように、まったくの初心者が事故を起こさないように自動車のハンドルを直進状態からコーナリングに必要な切り角まで...
続きを読む

コーナリングとブレーキング

あなたは、タイヤグリップとスリップアングルの関係を知っていますか? 一番グリップを発揮するのは、10%のすべり率の時に最大になるということを以前に書き込んだのですが、ホンダのサイトに詳しく乗っていたので、グラフにしてみました。 そのグラフでは、縦方向には20%の時が最大値になっていました。横方向では、すべり率10%まではなだらかに下がり、その後一気にグリップ...
続きを読む

公道をレーシングスピードで走行するとどうなるのか?

まず、何も考えずにこの映像を見てください。 時には、フロントを浮かしたまま全開走行。 又、時には、コーナリング中にバンクしたままジャンプ。 そして、着地の時には、タイヤが大きく変形してます。 本気で公道を使ってレースを行っているマン島のレースでは、あまり深々とバンクさせて膝をすることはほとんどないようですね。...
続きを読む

コーナリング中のアンダーステアとは?

あっ 曲れないと思って少しブレーキを掛けた経験を持っていない人はいないでしょうね。 コレを、アンダーステアが出たという人がたまにいるようですね。でも、本来の意味ので言えば、バイクはすべてオーバーステアの特性を持っています。 元々、一定のスピードで定常円旋回をしている状態でハンドルの切れ角を一定にしたままスピードを上げていくとコーナリングラインが今までよりイン...
続きを読む

加速・減速・コーナリングの考察 バイクのグリップ力

摩擦力は、重さと摩擦係数によって決まります。 重ければ重いほど大きくなります。又、摩擦係数が小さくなればよりすべりやすくなるのは、日ごろの経験で体が理解していますよね。 たとえば、雪の日や風呂場で洗剤が残っているところを歩いて滑ってこけそうになって思わず叫んだことが有るのではないですか?又は、オイルがこぼれているところでも同じように非常に滑りやすいですね。 ...
続きを読む

コーナリング考察 タイヤの太さとグリップ力と荷重

摩擦が有るからその位置を保っていられることを考えたことがありますか? もし、この世界に摩擦力が働かなくなると高低差の有るところではすべての物が低いところへ滑っていくことになって大変なことになるでしょう。 水を考えればわかりますよね。 あなたは、タイヤのグリップ力を上げるために、荷重を掛けるという話を一度は聞いたことが有ると思いますが、サテどんな仕掛けになって...
続きを読む

コーナリング中にタイヤをこじっている方は注意が必要です。

バイクのタイヤは2輪の特性でコーナリングの力を発揮することとバランスを取ることの2種類の仕事をしています。 4輪ではどんなにハンドルを切っても、コーナリングフォースはすべり角に比例して大きくなり一定以上の値になると頭打ちを起こすだけです。そうなると、ハンドルきり角に対して曲らない状態になるだけでほとんどこけることがないです。(車高の高い車の場合はこけているの...
続きを読む

コップ一杯の砂とパニック転倒

あなたはアスファルト路面についてこんなことをごぞんじですか? 最近の高機能アスファルトは、雨対策の為に透水性がもたされているものがあることを! 主要幹線道路の新しい舗装路を観察すると、まるで粟おこしのような舗装がよく見受けられますね。隙間が大きくコレは雨水が浸透するように作られています。少々の雨なら水溜りが出来にくいようになっています。 しかし、時がたつとそ...
続きを読む

コーナリングは、【アンシンメトリー】

あなたは、 右利きですか? 左利きですか? いずれにしろ、あなたの体は正中線で区切って左右はシンメトリーになっていないでしょう。 筋肉のつき方が、利き腕と非利き腕では違うだろうし顔にしたって噛む時によく使うほうの筋肉が発達するので 左右で違うようになるのはよくテレビで放送したりするので知っている人もいると思います。 当然、あなたのコーナリングフォーム...
続きを読む

恐怖の瞬間 バンクと逆バンクが交差する時

あなたは、ライディング中に見落としがちではありませんか?、 それは、路面の状態なのです。 道路のほとんどがアスファルトで出来ているのは、知っていることですよね。 しかし、道路を走っている車がどれだけのダメージを与えるかはあまり知られていません。 平日の大型車がバンバン走る交差点で、時々地震か?と思われるほど地面が振動していることを感じた経験が有るかもしれませ...
続きを読む

見落としてませんか? コーナリングの落とし穴・・・

アウトインアウトやスローインファーストアウトに注意しているけれどそれだけではダメです。 あなたが走行しているのは、一般公道ですから路面状況はさまざまですよね。 特に、単年度予算の消費をするためにそこらじゅうを堀まくっているのではないかと勘違いするぐらい年度末に工事があって道路がつぎはぎだらけになってますよね。 路面のアスファルトの色で新しい部分と古い部分の違...
続きを読む

バイクでのコーナリングのポイント11 

コーナリングは、タイヤのグリップ力を引き出す作業です。 イメージとしては、グリップ力を100分持っています。コーナリ ング作業は、スピードを変化させることと、方向を変化させること でしたね。 コーナー進入で、ブレーキに100を使うと方向を変えることが出 来ないわけです。あなたが走行中に、何かが急に飛び出してきてフ ルブレーキを掛けたとしたらブレーキでタイヤグ...
続きを読む

バイクでのコーナリングのポイント9 連続したコーナー

連続したコーナーを回る場合は、次のコーナーが同じ方向へ曲るの か逆の方向に曲るのかでラインを変えます。一つ目のコーナーで、 立ち上がった地点は、次のコーナーへ進入するポイントになるから です。連続したコーナーを走る場合は、最後のコーナーをスムーズ に走ることを考えてライン取りで走ります。 ストレートへつながる最後のコーナーの立ち上がりは、直線への を始める地...
続きを読む

バイクでのコーナリングのポイント8 バンク+ブレーキング

コーナーの入り口からクリッピングポイントまでのライダーの仕事は、 スピードをコーナリングスピードにアジャストする コーナリングラインにあったバンク角にアジャストする ブレーキングとバンクを同時にすると倒しこみに戸惑うことが有る と思います。バイクが思ったようにバンクしない。 こんなときには、とにかく気合で倒しこむ・・・・ ちょっと無謀な選択ですね。 なぜ、バ...
続きを読む

バイクでのコーナリングのポイント7 進入

コーナリングでストレート状態からインにつくまで ブレーキングでスピードを、落としながらバンクを始めます。 直進の状態から、バンクを始めるために操作を加えますが、一番大 切なのはどうのようなラインを走りたいのかをイメージして、その ラインを走るための操作をすることです。 バイクを寝かして、コーナリングに移行していきます。 バイクは、バンク角が大きくなれば回転半...
続きを読む

ヘアピンカーブの走り方 | コツ

ヘアピンカーブは走行方向を、180度変えるコーナーです。 コーナリングスピードを上げるためには、Rを大きくとればいいですね。 でも、実際の道路では、直線とカーブの組み合わせです。 また実際に制限速度で走っていたらそんなに速度変化がいるわけでは、 ありません。 そこで、倒しこみをどうするかを考えるわけですね。 アウトインアウトは、外から中へ、中から外への走り方...
続きを読む

ヘアピンのライン取り

ヘアピンを走行するとき、にどんなラインを走るか迷う時 無いですか? 私は、奥まで入っていくライン取りをする走行をしています。 スピードを十分殺して、小さく回り加速をする時は、直線的に 立ち上がるようにしています。...
続きを読む

コーナーに有る高低差を考える

コーナーを考える上で、大切な要素、Rと高低差 同じRでも、高低差が有る場合は、速度が変わってきます。 ...
続きを読む

ヘアピンカーブの走り方

大きいヘアピンカーブは、走るのに悩んでしまいます。 ...
続きを読む

そんなとこ走ってると危険 (対4輪ポジション)

峠道をのんびり走っていて、最近ある感覚に陥ることがあるんですよ。 バンク角が、落ち着いた状態でコーナリングしていて スロットルパーシャル状態から開き始めたとき、 まるでレールの上を走っている感覚。 ライダーである自分が、仕事を意識して行っていなくてバイク自体が 勝手にコーナリングしている感じなんですね。 特に左コーナーのときにより強く感じます。 これは、道路...
続きを読む

コーナリング レールの上を走っている感覚

峠道をのんびり走っていて、最近ある感覚に陥ることがあるんですよ。 バンク角が、落ち着いた状態でコーナリングしていて スロットルパーシャル状態から開き始めたとき、 まるでレールの上を走っている感覚。 ライダーである自分が、仕事を意識して行っていなくてバイク自体が 勝手にコーナリングしている感じなんですね。 特に左コーナーのときにより強く感じます。 これは、道路...
続きを読む

コーナリングは、スローイン

コーナリングを考える 最近、サベージを乗っていてコーナリングするときに感じることは、 やっぱりバイクは、乗っていて楽しい。 バイクという乗り物は、まっすぐ走っているときも自分という存在が バイクをコントロールしていることをつくづく感じる。 4輪の場合は、ハンドルを操作しない限り進路が変わることは無い乗 物だけど、バイクの場合は、何かに見とれて意識がそちらに向...
続きを読む

コーナーに倒しこんでいく

コーナリングに際して方向を変えるためには、 バイクをバンクさせるわけですが、方向を変え始めると 遠心力が掛かります。 通常コーナー進入時は、ブレーキングをして速度を 落としながら侵入していきます。 タイヤには遠心力+減速Gの力が掛かっています。 遠心力は重たいほど大きくなり、減速Gも速度変化が 大きい程大きくなります。 タイヤがすべった場合、掛かっている力を...
続きを読む

アウトインアウト3

アウトインアウト3 峠を走行する場合、 コーナーの先が見えない ブラインドコーナーが大半を占めます。 ブラインドコーナーを走行する場合、 スロットルを開けていくのは出口が見えるまで しないほうが安全だと思います。 先の見えない状態で加速するのは自殺行為と 等しいと考えます。 確かにベテランと呼ばれる人たちは、 コーナーの景色から  Rの大きさや曲がり具合を的...
続きを読む

アウトインアウト2

アウトインアウト2 コーナーのRを、道幅(対向車線は除く)を使うことによって 走行ラインを実際のRより大きなRで走行するため にアウトからインに入りアウトに抜けて行く事をアウトインアウトと言っています。 でも倒しこむ時に一気にフルバンクまで倒しこむ方法とか、 ブレーキを掛けながら徐々に倒し込みインに付いた時にフルバンク状態になっている方法など、 色々なアプロ...
続きを読む

コーナリングのアウトインアウト

コーナリングのアウトインアウト よくコーナリングはアウトインアウトといいますがこれはどうゆうことでしょうか? 公道は、たいていの場合コーナーの前後に緩和曲線部分を取ってあるので 単一の R になっていません。 半径50Mのコーナーを走行する時その前後にはもっと大きな  Rのコーナーを前後に取っているのです。 そのコーナーを曲がる際は、コーナーの緩和曲線部分で...
続きを読む

ノートラクション その2

コーナーを曲がる時にクラッチを切るタイミングですが、 私の場合は、バイクを倒しこむと同時にクラッチを切ってしまいます。 こうすることによってクラッチをつないだ通常のコーナリングと比べて 本当に軽く回り込む感じになるのです。 よく考えてみるとクラッチのつながっている通常のコーナリングの場合、 エンジン回転と後輪の回転は、 ドライブチェーンを介してリンクしていま...
続きを読む

コーナリング中にあえてノートラクション

コーナリング中にあえてノートラクション コーナリング中にトラクションの掛かっていない状態は、 不安定になるので起さないように注意したほうがよい。 と前回書き込みましたが、 コーナリング中にクラッチを切るテクニックもある事を説明します。 スーパークロスのアメリカンライダーが日本に初来日した時、 彼らは、250のライディング中にコーナーの立ち上がりを、 2速の半...
続きを読む

コーナリング中のトラクション

コーナリング中のトラクション コーナリング中の駆動力を考えてみますと前回から、 練習をおすすめしていた スロットル一定でのコーナリング中は、駆動力を掛け ていない状態と思われる方もおられるかもしれませんが、 この場合は、一定の駆動力を掛けている状態ですよね。 駆動力のない状態は、 ギヤダウンの時にハーフニュートラル状態になってしまった場合や クラッチを切った...
続きを読む

コーナリングGについて

コーナリングGについて 一定の速度でコーナリングすると、前後のG変化が ない状態で、純粋にコーナリング時のGを感じること が出来ます。 この時の感覚を体に覚えこますことで、安定した状態 を体の中に基準としてもっておくことが出来ると思います。 普段歩いている時に何かで滑った場合は、かなり小さな 滑りでも感じ取ることが出来ると思いますがいかがですか? これは今ま...
続きを読む

コーナリングフォースについて その2

コーナリングフォースって、 いまいち感覚的に理解しきれていない私なんですが、 タイヤがすべるとタイヤの進行方向に対し直角に、 すべる方向と反対向きに働く力?だそうです。 この力はすべり量が多くなるほど大きくなるが、 ずっと大きくなるわけじゃなく頭打ちしてしまう。 オートバイに乗っていてコーナリング中すべったと感じた時は、 頭打ちしている領域まですべった時です...
続きを読む

バイクのコーナリングフォースについて

バイクのコーナリングフォースについて バイクはコーナーを曲がる為に、 コーナリングフォースを使っているのです。 コーナリングフォースて何? て方も多いと思いますが、 オートバイがコーナーを旋回運動をしている時は、 遠心力で絶えず外側に引っ張られています。 それに対抗する力をコーナリングフォースと呼びます。 バイクの場合4輪と同じくタイヤが、 すべることにより...
続きを読む

切れ込むか、戻ろうとするか

切れ込むか、戻ろうとするか コーナリング中のバイクの挙動を試してみた方は、 ハンドルが切れ込んでいったり、 戻っていったりする感じがありませんでしたか? 4輪と2輪の違いについて触れますと、 4輪の場合は、 コーナリング中は、切ったハンドルが絶えず戻ろうとするのを 切った方向に当て舵する必要があります。 しかし、2輪の場合は、 低速の場合切れ込んでいくのを引...
続きを読む

コーナリング中のフォームについて

コーナリング中のフォームについて よく説明される3つのフォームに リーンウイズ、リーンイン、リーンアウトがありますが、 あまり意識してコーナリングしてる人はいないのでは? 同じスピードでコーナリングした場合、 バンク角が  リーンイン<リーンウイズ<リーンアウトの順に深くなる。 バンク角が同じなら、 コーナリングスピードが  リーンアウト<リーンウイズ<リー...
続きを読む

コーナリングのきっかけ2

コーナリングのきっかけ バイクをバンクさせる際の操作は、大別すると3種類に分かれるみたいです。 1 ハンドルを切ることによりバンキングさせる 2 体を傾けることによりバンキングさせる 3 ハンドルの動きを制限することによりバンキングさせる 1ハンドルを切ることによりバンキングする場合のバイクの動きは、  左コーナーの場合、ハンドルを右に切る  前輪は右に移動...
続きを読む

コーナーリングのきっかけ

コーナーリングのきっかけ バイクが直進状態の時は、 安定していてそのままでは直進状態をずっと続けるだけです。 コーナリングの時は、曲がりたい方向へバイクを倒す訳ですが、 倒しこみの時に、 自分でどのような操作をしているか意識して倒しこみをしていますか? 倒しこみのきっかけは、3パターンに分けられるそうです。 詳しくは次回へ...
続きを読む

アウトインアウトその2

アウトインアウトその2 昨日書きこみましたが、 アウトインアウトというのは限界を追求する為 の一つの方法です。 公道で走っている限りは、コーナーのRの限界で、 走行しているわけではないので、スピードの制約を 受けているわけではなく、ライン取りは自由にできます。 でも、私はアウトインアウトで走ります。 昨日も書き込んだように、ブラインドコーナーの場合、 奥を見...
続きを読む

アウトインアウト

アウトインアウト スローインファーストアウトとアウトインアウトは、 コーナリングの基本と言いますけど、 スローインファーストアウトがゆっくり走っていなかったように、 アウトインアウトもカーブのRを少しでも大きくとるために 行っているだけです。 公道の走行スピードではインインアウトや、 アウトアウトアウトで走っても別にオーバースピードで 曲がれないこともないし...
続きを読む

スローイン ファーストアウト

スローイン ファーストアウト コーナーを速く走るためには、 スローイン ファーストアウト この言葉をよく耳にする方も多いと思います。 コーナーにゆっくり入って速く出て行く事を言いますが、 レースを見ていると、そのコーナリングスピードはどこが スローやねんと思わず突っ込みを入れたくなるぐらい早いですよね。 レース中は、各ライダーが持てる技術のすべてを駆使して ...
続きを読む

コーナーリング

コーナーリング コーナリングの基本は、 どこにも力の入っていない状態だと以前に書きました。 なぜその状態が望ましいのかと言いますと 人間の感覚といいますか、 センサーは圧力や関節の角度の変化を感じ取っているのです。 ここで力の入っている所がある場合は、 筋肉が緊張しているからセンサーの感度が落ちてしまうのです。 モトGPのトップライダーと一般ライダーの違いは...
続きを読む

メール
カテゴリ-
おすすめリンク