バイクは友達 > ブレーキング

下り坂のコーナリング 苦手では?

山道を走っていれば、上りと下りがあるわけです。あなたも、下り坂を走行したことがあるはずですよね。 下りのコーナリングを、どうも苦手だと感じているなんてことありませんか? もし、あなたも心当たりがあるならその原因について考えて見ましょう。 同じRのカーブがあったとしても、平坦路・上り・下りと色々なパターンが考えられるのですが、その中で下りを苦手としている人は、...
続きを読む

最短のブレーキングを行うために 3つのポイント

制動時の速度変化は、バイクの能力によって決まってきます。 ウイングつきの上から押さえつける力を発生するF1などの場合は4Gも可能といわれています。 重たいほど摩擦力が増えますが、とめるために必要な力も増えるので相殺されて重さの増加で減速Gは増えないのでが、空気の力でタイヤを押さえつける力が増やせるからですね。 ダウンフォースを稼げない2輪車の場合は、別です。...
続きを読む

フルブレーキングのコツを身に付ける

前々回に書き込んだマン島の動画を見ていると、タイヤの形状が大きく変形するのが良くわかりますよね。 フルブレーキングを掛けると、フロントタイヤに一気に荷重が掛ってつぶれるのが想像できると思います。荷重とグリップの話で出てきたように、グリップは荷重に比例して大きくなります。 そして、接地面積が増えるほど荷重をかけた時にグリップの増加が頭打ちをして増え方がなだらか...
続きを読む

最短のフルブレーキングを考えてみると・・・ 転倒のリスクが・・・

高速で走行中に、最短でブレーキを終えてしまうことが、その後のコーナリングにつながるのだろうか? まず、減速を始めると当然スピードが落ちるわけだけど、その際に速度を落とす力が発揮できているのは、地面に接地しているタイヤだけですよね。それ以外は、前に進もうとし続けています。もし、バイクにハンドルが無くタンクの出っ張りも無く丸太のような形状なら、それに乗っている人...
続きを読む

コーナリングとブレーキング

あなたは、タイヤグリップとスリップアングルの関係を知っていますか? 一番グリップを発揮するのは、10%のすべり率の時に最大になるということを以前に書き込んだのですが、ホンダのサイトに詳しく乗っていたので、グラフにしてみました。 そのグラフでは、縦方向には20%の時が最大値になっていました。横方向では、すべり率10%まではなだらかに下がり、その後一気にグリップ...
続きを読む

まず、ブレーキテクから

まず、ブレーキテクから ブレーキの技術を身に付けることは、 楽しいバイクライフを送るために必要だと思います。 また、自分の限界を体験することや確認することで、 安全性がより高くなると思います。 ベテランライダーとビギナーライダーが、 一緒に走行して同じ状況でビギナーライダーだけが、 こけてしまうパターンがありますよね。 これなんか体験してない領域に入った時、...
続きを読む

ブレーキのリリースポイント

ブレーキのリリースポイント ブレーキを掛けた時にフロントが沈み込み、 放した時は逆に伸びます。(リアは逆) スロットルの場合は、開けた時フロントが伸び、 戻した時に沈み込みます。(リアは逆) コーナーリング中は、Gによりフロント・リアともに沈み込みます。 バイクは何らかの操作を加えるだけで、絶えずピッチングモーションを起こします。 1つのコーナーで、入り口か...
続きを読む

ブレーキの掛け始め

ブレーキの掛け始め ブレーキを掛ける時には、 掛け始めはあくまでギュ〜という感じでゆっくりと掛けます。 ギュッという感じで一気には掛けないようにしましょう。 フロントサスの沈み込みが急すぎると、バランスを崩しやすいし タイヤのロックも起こしやすくなります。 あと、前後のブレーキの使い分けを試してみた方は、 感じたと思いますが、 リアブレーキを掛けた時には、 ...
続きを読む

ブレーキの掛け方

ブレーキの掛け方 いきなりロックの練習から説明しちゃったので、 怖くてトライ出来なかったかったかもしれませんね。 少し別の方法を試されるといいかと思います。 フロントブレーキだけ、リアブレーキだけで止まって みることをやってみましょう。 別々に試すことで、実際にフロントとリアで、 どれだけ制動距離が変わるのかがよくわかると思います。 あとブレーキを掛けたとき...
続きを読む

ブレーキを掛ける際のもう1つの注意点

ブレーキを掛ける際のもう1つの注意点 ハンドルを固定しない。 ブレーキを掛ける時には、特にフルブレーキの際は、 フロントブレーキレバーを思い切り握る事になるのですが、 力を入れたために腕全体がこわばってしまいがちです。 ハンドルが固定されるとバイクは、 倒れ込んでいきますので要注意です。 力を出しながらなおかつ柔軟性を保つ必要があります。 さらに、ブレーキを...
続きを読む

ブレーキの限界?

ブレーキの限界? ブレーキを、ロックさせる事が出来るように練習することは、 もしかの時に大変役立つ。 何も高いスピードでやる必要は無い。 バイクの挙動は、時速10キロでも100キロでも同じだから 0,5秒ロックさせたとしたら、ロック状態で移動する距離が変わるだけ。 だからオフロードで低い車速から短時間のロックを 経験してみることをおすすめします。 低い車速で...
続きを読む

フルブレーキを掛けたことあります?

フルブレーキを掛けたことあります? 日頃フルブレーキを掛けることなんてありませんが、 いつそんな事態になるかわかりません。 自分のバイクのブレーキ性能を知っておくことは、 決して損は無いことなので、ぜひ試しておく事をおすすめします。 まずうしろに、車が無いことを確認してから、 フルブレーキを掛けてみて何メートルで止まれるかを体験してみましょう。 ブレーキをロ...
続きを読む

フロントブレーキ派? リアブレーキ派?

フロントブレーキ派? リアブレーキ派? あなたは主にどちらを使います。 フロントブレーキ? リアブレーキ? ストッピングパワー的にはフロントブレーキなんですが、 フロントブレーキを掛けたときのノーズダイブが苦手なの で、リアブレーキを多用する人も多いのでは? でもフロントを使いこなせるように練習あるのみ。 フロントフォークの上下に慣れるように、フロントブレー...
続きを読む

メール
カテゴリ-
おすすめリンク