バイクは友達 > スロットル

下り坂のコーナリング 苦手では?

山道を走っていれば、上りと下りがあるわけです。あなたも、下り坂を走行したことがあるはずですよね。 下りのコーナリングを、どうも苦手だと感じているなんてことありませんか? もし、あなたも心当たりがあるならその原因について考えて見ましょう。 同じRのカーブがあったとしても、平坦路・上り・下りと色々なパターンが考えられるのですが、その中で下りを苦手としている人は、...
続きを読む

コーナリング中のスロットル操作

コーナリング中のスロットル操作 進入の時に閉じるのは当然のことと思っていますよね。でも、レースの場合は進入から出口までフルスロットルの状態のコーナーもあったりします。鈴鹿サーキットならヘアピンカーブのあとのコーナーなどは曲っている加速区間です。 スプーンコーナーのあとのストレートにつずく1000Rなんかも加速区間です。シケインの後のコーナーはすべてだと思いま...
続きを読む

スロットルの操作 小脳の領域

バイクのライテクで、大きなウエイトを占めているのがスロットル操作ですよね。 コーナリング中のバンクをしている状態で、パワーを掛けるとグリップの限界を超える可能性が大きいわけです。 特にパワーのある大排気量車は、簡単にスライドを起こします。 加速するためには、スロットルを開ける訳で、その際にラフな操作をすると大きく滑ることになりますよね。 手首の動きを、単純な...
続きを読む

凶暴なパワーで転倒・・・ 

最新バイクのパワーは、恐ろしい程高出力ですね。 youtubeの動画でも、スタート直後にスロットルを開けすぎてリアがスライドして振られてそのまま転倒なんていうパターンの動画がアップされていたりします。 いくら高グリップのタイヤでも荷重が掛かっていない場合は、摩擦力が低いので滑って当然です。 あなたがレプリカタイプのバイクや、ハイパワーのネイキッドマシンに乗っ...
続きを読む

バイクでのコーナリングのポイント10 パーシャル

クリッピングポイントから、出口へ向けて加速するときにやってお く仕事があります。 ショックを与えると、タイヤグリップも限界を超えてすべる原因に なると説明していますが、バイクのパワーをエンジンからタイヤま でケッコウ遊びがあります。ミッションのバックラッシュ、チェー ンの遊びなどをなくしておくためにスロットルを少しだけ開けます。 スロットルをパーシャル状態に...
続きを読む

ブレーキングの時にスロットルを操作する

ブレーキングの時にスロットルを操作する フロントブレーキを掛けながらスロットルを煽る操作は、 シフトダウンをする場合に必要な操作です。 ブレーキを一定の強さで掛けながら親指で押し込みな がら少し手首もひねります。 当然ブレーキを掛けながら手首をひねるとブレー キの強さが変わる場合がありますので練習をして ブレーキの強さに変化の無いようにしておく必要が ありま...
続きを読む

なんでアクセル開けるかなぁ〜

なんでアクセル開けるかなぁ〜 エンジン始動の時、やたらとアクセルを開ける人が多いと感じるのは私だけ? それも、アオルようにするもんだからエンジンが掛からない場合があったりして エンジン始動の時は、アクセル開度一定が原則。冷えている時は全閉。 それで掛からない時には少しずつ開けていって、掛かりそうな位置を探るように していかなきゃいけない。 かぶらした時は、全...
続きを読む

メール
カテゴリ-
おすすめリンク