ライディング中にどこをみるか?

バイクは見ている方向に行くという言葉の意味を考えたことがありますか?アメリカの地平線まで見えるような所にある一本道の道路で、事故を起こすポイントがあるそうです。保安官が感じることに、「何もわざわざ道路標識に当たらなくてもいいのに・・・」ということが良く起こるそうです。車やバイクが、まるで虫が誘蛾灯に引き寄せられるようにまったく何も無いところではなく看板や標識のように何か目印になる物にわざわざ当たりにいってるのではないかと思われるようにぶつかる事故がよく起こるそうなんですって。まったく何も無い道路を走っていると、何か目印になるものを目指して走ってしまうのでしょうね。強く意識していなくても、見ている方向へ体がオートメーションシステムのように働いてコントロールしている表れなんでしょう。あなたがライディング中にも、同じように見ている位置に自動的に体がバイクを向かわせていることになりますよね。では、コーナリング中に

コメント

タイトルとURLをコピーしました