未分類

未分類

バイクでのコーナリングのポイント 2

峠のコーナーを走りに行って一番のポイントは?コーナリングで、100%の能力を引き出す必要はないし、また必要もないでしょう。一般公道の峠で、指定されている法定速度は、40Km/hが大半です。公道を走行するのを考えれば、40Km/hをキープする...
未分類

コンロッド|バイク用語

コンロッド正確にはコネクチング・ロッド。コンロッドという略称の方が一般に通用している。連接棒、連結桿。コネクチングは英語で"連絡する"という意味、ロッドは捧(桿)ということ。何を連接する棒かというと、ピストンとクランクとを連接している。ピ...
未分類

コーナリング中のトラクション

コーナリング中の駆動力を考えてみますと前回から、練習をおすすめしていたスロットル一定でのコーナリング中は、駆動力を掛けていない状態と思われる方もおられるかもしれませんが、この場合は、一定の駆動力を掛けている状態ですよね。駆動力のない状態は、...
未分類

コーナリングGについて

一定の速度でコーナリングすると、前後のG変化がない状態で、純粋にコーナリング時のGを感じることが出来ます。この時の感覚を体に覚えこますことで、安定した状態を体の中に基準としてもっておくことが出来ると思います。普段歩いている時に何かで滑った場...
未分類

ブレーキングの時にスロットルを操作する

フロントブレーキを掛けながらスロットルを煽る操作は、コーナリングでシフトダウンをする場合に必要な操作です。ブレーキを一定の強さで掛けながら親指で押し込みながら少し手首もひねります。当然ブレーキを掛けながら手首をひねるとブレーキの強さが変わる...
未分類

ライディングはブレーキから練習

まず、ブレーキテクからブレーキの技術を身に付けることは、楽しいバイクライフを送るために必要だと思います。また、自分の限界を体験することや確認することで、安全性がより高くなると思います。ベテランライダーとビギナーライダーが、一緒に走行して同じ...
未分類

ブレーキのリリースポイントについて

ブレーキのリリースポイントブレーキを掛けた時にフロントが沈み込み、放した時は逆に伸びます。(リアは逆)スロットルの場合は、開けた時フロントが伸び、戻した時に沈み込みます。(リアは逆)コーナーリング中は、Gによりフロント・リアともに沈み込み...
未分類

ブレーキの掛け始めのコツ

ブレーキの掛け始めブレーキを掛ける時には、掛け始めはあくまでギュ?という感じでゆっくりと掛けます。ギュッという感じで一気には掛けないようにしましょう。フロントサスの沈み込みが急すぎると、バランスを崩しやすいしタイヤのロックも起こしやすくなり...
ライディングテクニック

サーキットと公道の決定的な違い 【ふるい】 と 【おたま】の差

対向車が来ないエスケープゾーンがあって安全コース幅が広い制限速度がないetc。 ・・色々と考えることがあるかもしれないですね。 路面が良く食いつくアスファルトで出来ているもあるかも知れないです。 そのためにコーナリング中の最...
ライディングテクニック

女性白バイ隊員のライディングを見て思ったこと

テレビで女性白バイ隊員の紹介が盛んにされて訓練の風景が映像としてあがっていますね、 それを見ていてふと感じたことなのですが、彼女たちがスロットルを操作するときに、ひじを内側に入れるようにしてのっていますね。 ひじを内側に絞るようにスロッ...
タイトルとURLをコピーしました